オペラ史上、最も偉大なバリトン歌手の1人である、Mattia Battistini は、後継者を育ててバティスティーニ楽派を作らないのかと言う質問に、「私のメトードはすべて、レコードの中にある。」と答えたそうですが、唯一の例外としてパオラ・ノヴィコヴァというソプラノの弟子がいました。そのノヴィコバの弟子であるBarton Coffin によって、Novikova – Battistini – Wenceslao Persichini (Battistiniの師匠)の発声法の系譜をさかのぼることが出来ます。 これを読むことによって、バティスティーニの[ア]母音の明るさや、…