この章でヒクソンは呼吸一般について述べています。まず、呼吸を周期性呼吸と呼吸の特別法の2つに分類して、『歌唱とは呼吸の特別法である』と結論づけています。
しかし、我々が日常で何の意識もなく行っている日常呼吸である周期性呼吸をそのメカニズムと共に理解することは、話し声と歌声の呼吸法の違いが判るだけではなく、歌唱のための呼吸の特別法を理解するための基本ともなります。
例えば、わたしは、声を出す前に体を動かしたり、過剰な息の量で声を出そうとする生徒に対して、まず、「声を出す前に息をとらないで、そのまま声を出しなさい」とお願いします。するとたいていの生徒は、なんて無茶な注文をする先生だろうと抵抗します。その時私は「あなたは、朝、友達に会った時にブレスをしてから『おはよー』と言いますか?」と質問します。人はしゃべる前に息をとりません。その時の呼吸がこの章でのテーマとなる周期性呼吸です。でも、舞台でのセリフや大きな声で歌うときの呼吸は?それは、後の章のテーマとなる呼吸の特別法です。

Respiratory Function in Singing

chapter 6
respiration
呼吸

INTRODUCTION
序説

生命目的または周期性呼吸 (tidal respiration)のための呼吸は、主に換気(肺器官に空気を出し入れする)の必要性によって引き起こされる。しかしながら、時には、呼吸の特別法 (special acts of respiration)が優先され、それにおいてしばらくのあいだ呼吸器官の活動が適応される。

VENTILATION 
換気

換気は、ガス交換 (体への酸素の供給と体からの二酸化炭素の除去) の生命維持プロセスのために働く。ガス交換は、肺胞レベル(いわゆる外呼吸)と、組織または細胞レベル(いわゆる内呼吸)で生じる。
空気(ほぼ21%の酸素を含んでいる)は肺胞に供給され、そこで酸素が血流に入り全身を通じて組織に運ばれる。組織は、血液から酸素を吸い込み、血液へ二酸化炭素(代謝の副産物)を戻す。二酸化炭素を多く含んでいる血液は、最終的に肺胞に達し、そこで過剰な二酸化炭素は放出されて、新たな酸素が取り入れられ、そして、サイクルが持続する。ガス交換が生じる割合は、体の代謝要求によって決まる。より高い代謝要求によって、より多くの酸素が必要とされ、より多くの二酸化炭素が出される。代謝要求は、エクササイズ、摂食と精神活動を含む多くの可変部分によって増加する。

AEROMECHANICAL EVENTS 
空気力学現象

安静時周期性呼吸 (Resting tidal respiration)は、比較的規則的な吸気呼気パターンに結びつく。吸気は、呼吸器官の安静時レベルから始まる。続いて空気は呼吸器官に流れ込み、肺容量は上昇する。呼気は周期性吸気終末 【訳注:吸い終わったところ】が終わったあとから始まり、肺の圧縮と肺胞圧の増加に起因する。同時に空気が流れ出て、肺容量は肺胞圧を減少する。


<新生児のように吸ってはいけない>
私は、歌唱教師が生徒に「新生児のように吸い込みなさい」と教えるのを聞きました。 それらは、「自然なもの」で、身についた悪い習慣によって汚染されていないので、歌手が呼吸しなければならないやり方であることを意味する。私は、歌手に「新生児のように吸い込みなさい」と言わないことをトップ-10リストに入れてしまいました。私は、歌手に教えないことのトップ-10リストを生み出だしたとすれば、「新生児のように吸い込みなさい」は、その上位にあったでしょう。新生児は寝転がって呼吸するが、あなたは直立しているときに全く異なる呼吸をします。仰向きの体位の新生児の観察すると、あなたが直立した体位の大人として直面する物理的な環境とは関連しません。実際に、それらは、呼吸器官が直立した体位で最もうまく働くやり方に反します。それで、先生があなたに「新生児のように吸い込む」ように教えるならば、礼儀正しく微笑んで、そのアドバイスを無視しなさい。


安静時周期性吸気は、横隔膜によって与えられる筋力によって駆動される。横隔膜の収縮は、胸郭壁を広げて、胸部の基底を降ろす(外へ腹壁を変位させる)。いくつかの胸郭壁筋と腹壁筋は吸気の間、能動的かもしれない、しかし、それらの活動は直接吸気に関与しない。むしろ、胸郭壁の活動は、横隔膜が胸腔内圧を下げるとき肋間が内部へ吸われるのを防ぐために 胸郭壁を硬化させる。腹壁活動は一般に高められた位置で横隔膜を保持する。そして、それによってその線維を広げるのでより効果的に収縮する(それらがそれらの長さ-力特性のより好ましい部分の上にあるので)。胸郭壁と腹壁によるこれらの活動は、横隔膜機能の効率を最大にするために働くと考えられる。【太線強調は山本による】

安静時周期的呼気は、呼吸器官の弛緩圧【吸気後の元に戻ろうとする反動力】によって駆動する。胸郭壁と腹壁の内側への動きは、主として受動的な力の結果として起こる。しかしながら、安静時周期性呼気は、純粋に受動的ではない。腹壁筋は、全ての安静時周期性呼吸サイクルの間、能動的なままである。このような活動は吸気のための横隔膜を「調整する」ために保持される 。

PATTERNS OF RESTING TIDAL RESPIRATION 
安静時周期性呼吸の諸パターン

一般的な安静時周期性呼吸パターンは先に述べたようなものであるが、パターンの特定の細部は人によって変化する可能性がある。いろいろな人々は、一回換気量、呼吸数そして吸気と呼気のテンポのさまざまな傾向をもっています。それにもかかわらず、これらのパターンは、意外なことに人の成人期間にわたって安定している。


<生存の値段>
あなたが呼吸するためにはエネルギーが必要です。あなたは1日中、容量、圧力と形状を変えていて、これをするためにはカロリーが必要です。アーモンドが入ったレギラーサイズのチョコレート・バーのエネルギー量は、おおよそ穏やかな呼吸で過ごした1日のエネルギーに匹敵します。あなたは、今すぐにでも1つ食べてみたいと思いませんか?このようなお楽しみがペンシルバニア州のアリキッパのBranthoverのマーケットで5セント硬貨で売られていたのを私は思い出しましたた。現在の値段は、ニューメキシコ州のリトルウオーターのナバホ・スーパー・マーケットで70セントです(最近、中のアーモンドがすごく小さくなったと思います)。それを思うと。呼吸の値段は14倍にはね上がりました。少年時代には、私は1年でおよそ18.25ドル分の呼吸していたかもしれません。そして、私の老化とともに、同じ燃料のために今日の値段で年に255.50ドルかかります。


PATTERNS OF SPECIAL ACTS OF RESPIRATION 
呼吸の特別法の諸パターン

一日を通してほとんどの呼吸活動は、安静時周期性呼吸で、脳幹と横隔膜の責任である。
通常の安静時周期性呼吸パターンより、呼吸を一時停止する、そのリズムを変える、そのタイミングを変える、その深さを変える、その方向を変える、或いはそれ以外にいろいろなパターンを強調したい、などといった願望があるとき、他の脳組織たちと別の筋肉たちが活動し始める。5章で述べたとおり、動脈血ガスの生体恒常状態を保持する第一の目的のためになされない変化が課されるとき、それらは呼吸の特別法と呼ばれる。歌唱とはこのような呼吸の一つの特別法である、そして、それをあちこちにもたらすためになされる変化はあとに続く章で詳細に検討される。

REVIEW
復習

生命目的のための呼吸は、主に換気する(肺器官に空気を出し入れする)必要性によって、引き起こされる。

換気は、生命を持続させるガス交換のプロセスで、体へ酸素を供給し二酸化炭素を除去する。

安静時周期性吸気は、横隔膜によって与えられる筋力によって引き起こされる、同時に、胸郭壁と腹壁は横隔膜機能の効率を最大にする役割を持っている。

安静時周期性呼気は呼吸器官の弛緩圧によって起こるが、腹壁は、主に吸気のための横隔膜を「調整する」ために能動的なままである。

安静時周期性呼吸のパターンは、個別的で、時間全体で安定している。

多種多様な呼吸の特別法は呼吸器官に課されることができる。そして、それらのコントロールは、脳幹における低い脳中枢を無効にするか迂回する、高い脳中枢に帰属する。

歌唱とは、呼吸の特別法であり、この本の中枢である。

2019/05/24 訳:山本隆則