Respiratory Function in Singing

chapter 7
prelude
前奏曲

INTRODUCTION
序文

この本の最初の6つの章は、呼吸の基礎に関与しています。この章では、歌唱自体に関する考察を開始します。第8章の演奏に関する考察の前奏曲として4つの主題が検討されます。

SINGING DEFINED
歌唱の定義

歌唱とは、声の生成装置によって音楽的な発声を作り出すプロセスである。生み出された歌唱は聴覚の現象である。よって、それは聴‐知覚的な領域における連続したトーンとして現れ、しばしばメロディーとリズムとハーモニーによって特徴づけられる。言葉が加えられるるとき、歌唱は言語の聴覚表現となり付加的な性質を獲得する。そしてメッセージが韻文と結びつくと、それは音楽的な言語の誇張された形として現れる。歌われた発声の内容が何であれ、それは、連続性と統一の感覚を生じさせる時間的つながりに音を組み込むことが必要とされる。歌唱には多くのタイプとスタイルがある。歌唱は、個人的且つ経験を記録しておこうとする人間の特性の両方を持つ現象である。歌唱はおそらく人類の始めから存在した。それは生命の重要な儀式であり、しばしば物語の中で語られ、文化的で個々人の感情を反映する。

ROLE OF RESPIRATORY FUNCTION IN SINGING
歌唱における呼吸機能の役割

歌唱における呼吸機能の役割は、音を生み出すために必要な原動力( driving forces)を提供することである。このプロセスは、体系の変位、圧力の作成と呼吸器内の流れの生成を必要とする。これらの活動は ― 喉頭と上気道の活動と共に ― 生成物としての歌唱となる空気の攪乱を引き起こす。

歌唱に原動力を提供する際に、呼吸器はさまざまな構成単位(音節、語、フレーズ)へ、歌声の強さ(音量)、音声周波数(ピッチ)、言語ストレス(強調)と分節(境界)のような可変部分をコントロールすることに貢献する。このように、呼吸機能は歌唱のゴールに達するための手直しを可能にする。またそれと同時に、酸素と二酸化炭素の十分な交換を可能にするための換気の生命維持機能に貢献する。


<見る人の耳>
何が優れたプロの歌手を作るのでしょうか?この質問の答えに対する合意を得ようとすることは、政治または宗教について合意を得ようとするようなものです。誰にでも、意見があります。人々は、いくつかの美的、情緒的、技術的、そして、財政的な異なる基準に関し非常に優れた定義をします。多分、私はこれを持ち出すべきではないのでしょう。私は、誰もかれもを安心させる答えを持ち合わせていないし、私も完全に安心できる回答をこれまで聞いたことがありません。しかし、おそらく、熟慮に値する1つの基準があります。私は傑出したプロ歌手は、チケットを買う行動を呼び起こすことにも傑出していることに気が付きました。その理由は、見る人の耳と見る人の財布は、たった2、3フィートしか離れていなくて、すぐそばにあるためだと気付いたのです。


IMPORTANCE OF OPTIMAL RESPIRATORY FUNCTION IN SINGING
歌唱における最適呼吸機能の重要性

歌唱における最適な呼吸機能には多くの利点がある。まず初めに、それはパフォーマンス技術の開発を速めて、強化する。これは、そうでない場合より完成されたパフォーマンスに速く達することができ、そして、最大のパフォーマンス技術に到達できることを意味する。最適な呼吸機能はさらに、パフォーマンスの間に呼吸器で必要とされる身体的労力を最少にする。これは、最少のパフォーマンス労力と疲労、そして、最大のパフォーマンス持久力と快適さに至る。歌唱の最適呼吸機能のもう一つの重要な効果は、声のダイナミックレンジを増やすことである。これは、より大きなパフォーマンスの力強さと多様性として了解される。いくつかの観点から、歌唱の最適呼吸機能は、ほとんど無駄になる動きがないのでパフォーマンスの効率を最大にする。

ここで述べた利点のコレクションには、機能の最適化と歌唱器官の誤用または濫用の防止によって歌手のパフォーマンス生命を広げる可能性がある。歌唱の最適呼吸機能は、歌手の演奏家生命を中断し、その継続さえおびやかすかもしれない避けられないケガや病気を防止するのを助けることができる。歌唱の最適呼吸機能は、歌手にとってきわめて重要であるにもかかわらず、歌唱教師によって十分に強調されることができない。歌手は、歌唱のための呼吸機能が最適化されない限り、豊かな可能性に達することも維持することもできない。これは、全く言うまでもないことである。


<それは行ったり来たりする>
歌唱のいくつかの障害は、現れたり消えたりして、心理的または神経性の基盤を持つ可能性があります。神経的基盤によるものの一つの例は、歌唱演奏に影響を及ぼすことがある発作性運動失調症です。時には、歌手は完全に正常に機能します。間もなく別の時には、同じ歌手の行動は、明らかな呼吸運動失調症と一致する徴候を示すかもしれません。歌手は通常の行動から間近に迫った変更の前兆さえ報告するかもしれないし、変化がいつ起こるかについて予測することもできるかもしれません。このようなふるまいは、神経科医に即刻委託する理由となります。この性格の徴候と症状は、時々多発性硬化症の診断を伴います。多くの神経性のコンディションと同様に、歌唱の徴候と症状は、その後で手足や体の他の部分によく現れる問題の前兆です。それが現れたり消えたりするならば、それに特に注意を払いなさい。それは、残念なことに、当然の正常な変化よりはるかに多いかもしれません。



SINGERS’ BELIEFS ABOUT THEIR RESPIRATORY ADJUSTMENTS

呼吸調整に関する歌手の確信

歌唱に於ける呼吸機能について正確な考え方を持つ歌手は、彼らのパフォーマンスを向上させるより良い立場にあるとみなすことは理にかなっていると思える。そのような歌手達はさらに、演奏中に最適な方法で呼吸器を使うことがうまくできるはずである。驚くべきことに、歌手が考えている彼らの歌唱中の呼吸器の使い方と、彼らが実際にそれを使う方法は、時には2つの全く異なるものである。これは、次のような研究において真実であることが示された。歌手達は、歌唱中に呼吸器をどのように使うと考えているかを最初に述べるよう頼まれ、それから、演奏中に彼らの呼吸機能を器械的に記録された。協力者が主要なコンクールの勝者(WatsonとHixon、1985)で 高度に訓練されたクラシック歌手、または、成功したプロのキャリアを持つ未訓練のカントリー・シンガー(Hoit、Jenks、WatsonとCleveland、1996)であるかどうかにかかわらず同じような食い違いがあった。同様の食い違いは、高度に訓練された古典的な俳優の調査においても、彼らが報告した呼吸行動の説明が実際の演技中の呼吸行動と比較されたとき (HixonとMaher、1987)に見い出された。明らかに、パフォーマンスとパフォーマンスについての知識は、歌唱や演技での呼吸機能に関しては、必ずしも一致協力して行くというわけではない。なぜ違うのか。

WatsonとHixson(1985)は、非常に訓練されたクラシック歌手の研究においてこの問題を扱った、そして、彼らが行った観察は、ほとんどどんな種類の声のパフォーマンスでも通用するように思えた。具体的に、彼らは以下のように述べた:

多くの歌の教師と歌手自身は、「発声器官と接触する」ことの重要性、それがどのように働き、そして、その中の微妙な調整が歌唱パフォーマンスにいかに影響を与えるかを知ることの重要性にしばしば言及する。これらの線に沿って、 多くの注意はしばしば、歌唱教師と歌手が、何が歌唱中の呼吸の「正しい」か「最高の」か「好ましい」方法であると信じていこと、ならびに呼吸のこれらの方法と関係しているいろいろな「イメージ」に集中する。人は、歌手がより多くの訓練をし、彼または彼女のパフォーマンス経験がより広範囲なほど、彼または彼女の歌唱パフォーマンスに必要とされるメカニズムについての信念をより正しいと考えるかもしれない。さらに、人は、特に高度に訓練された歌手が、歌唱中に呼吸器でしていることと触れ合っていると思うかもしれない。現行の調査は、一般にこれらの予想のどちらも支持することができない。それとは反対に、高度に訓練され、時にはコンクールにおける成功によって認められた歌手は、たいてい歌のパフォーマンスに関連したメカニズムについての正確な知識がないことをその調査は証明する。(p. 119)

WatsonとHixon(1985)は、呼吸調整についての歌手の信じていることが通常彼らの歌唱に伴う呼吸現象とほとんど類似を持たなかった理由に対して可能性がある原因を整理しようとした。これをするために、彼らは、より緊密な調査のための構造的、機能的な線に沿って歌手によって提示された説明を分類した。以下の引用文で例示されるように、歌手は全体的に呼吸機能ではなく、呼吸解剖学にかなり良い実用的知識を示したと彼らは結論付けた。

不一致の一部は、正確な呼吸器部分の機能の十分な理解を欠く現行の被検者達までたどることができる。たとえば、一人の被検者は肺の中から空気を持ち上げて押し出すために横隔膜を使うと言った、しかし、もちろんそのようなことは起こるはずがない、なぜならば 横隔膜は吸気力しか与えることができない筋肉だから。不一致の一部はまた、身体的原理に関心を持つ、現行の被検者達の誤解にさかのぼることができる。そして、いくつかは、呼吸生理学と力学に関連する原因と結果を含んでいる。たとえば、1人の被検者は、空気が肺に入って横隔膜を沈める方法について書いた、それは横隔膜の降下によって空気が肺に入るのである。もう一つの例は、1人の被検者は彼の呼吸器を底からてっぺんまで満たされた 巨大な容器であると書いた、ところが、もちろん肺への流れの分布はそのような勾配曲線を示さない。歌手の考えと実際の現象の間の更なる不一致は、現行の被検者がシステムとしての呼吸器の機能に関しする誤解に由来する場合がある。たとえば、「私は、空気を吸い込まない」、そして、「呼吸は、空気を『肺に落とす』ことによって達成される 」、のような被検者たちの声明は、これらの被検者達が、呼吸器は肺システムに空気を吸い込む陰圧ポンプであることを知らなかったことを示している。もう一つの例は、「空気は体から押しつけられるのではなく、解放される」そして「呼吸は、まるでため息をついているように口から吐き出される」のような説明は、それらの著者が、歌唱中の呼吸活動の呼気相が呼吸器から空気を文字通り追い出す恒常的な筋肉のコントロール下にあることを理解していないことを示唆する。このように、メカニズムについての現行の歌手の考えと実際のメカニズムがいくつかの理由のために一致しないことがわかる。そして、そのほとんどは呼吸行為の正確な生体力学的測面の誤解に関するものであった。歌うことの民間伝承は、体の生体力学と芸術的パフォーマンスの間の変換にかかわる誤解をたくさん持っているので、人はここの結果に驚いてはならない。(pp. 119-120)

これから出される1つの必然的な結論は、歌手が、演奏のために呼吸器がどのように機能するかについての教育を受ける必要があるということである、このような結論は、避けられないようである。

しかし、この結論は、歌手に対する告発と取られてはならない。高度に訓練された古典的な俳優もまた、パフォーマンス中の呼吸機能を説明したやり方と、器械で調査されたときに彼らが実際にしたことのあいだに不一致があったことを思い出しなさい。さらに、経験によってわかることは、日常的な話者が、どのようにスピーチ生成のために呼吸器を使うかについて理解していないことだ。これは、日常的な話者が、洗練された呼吸生理学者であるときですら事実である。

しようと思うことと実際にすることの間の不一致は呼吸行動だけとは限らない。そのような不一致は、多種多様な運動パフォーマンス活動にもあてはまるようだ。テニス・プレーからの例は、この主張を証明するのに役立つ。Vic Naden(元国際的なテニス選手とプロ選手のコーチ)は、Gladwell(2005)によると、「我々がトップ・プレーヤーとしたすべての調査から、正確に彼がしていることの理解と説明において一貫している一人のプレイヤーも見出すことはなかった..」といった。(p. 67)偉大なAndre Agassiのテニスのフォアハンドストロークの分析から、Badenは、大部分のテニス選手によってボールに対するインパクトの位置の重要な運動であると考えられている、ラケットの上のリスト・ロールを議論する。しかし、Bardenの分析法が示したように、Agassiは、ボールがヒットするずいぶん後までラケットの上でリストをロールしない。Bardenは言う。「どのように、それほど多くの人々騙されているのか?人々はコーチについて、ボールの上で手首を回転させる方法を教えてもらうために数百ドルも払っている、そして、起こっているすべては腕の怪我の数が激増しているだけだ」(p. 68)。

このように、歌うかテニスをするか他のいかなる技術を要する運動パフォーマンスをするかにかかわらず、パフォーマンスに関する正確な情報は、人々の考えより錯覚に基づいているかもしれない。歌手がするように言われること、彼らしていると思っていること、そして、彼らが実際にしていることは、非常に異なっているかもしれない。

歌手は、歌唱中の呼吸機能についての正確な知識なしで、成功したキャリアを持つ場合がある。それなら、なぜ、同じような成功を望んでいる他の歌手は、この本で論じられる原理に関わらなければならないのか?答えは、正確な知識が歌唱における最適呼吸機能の取得を容易にするかもしれないということである。多くの歌手がそのような知識なしでうまく演奏するとしても、彼らが歌唱の呼吸機能についての正確な知識を持ち、その知識の枠組みの中で訓練されたさらに良い歌手でありえたかもしれない。この章の前の節に記載された利点の2,3のものでさえすべての歌手にいかに歓迎されるかを考えてみなさい。

歌で生計を立てる人々の間で、伸ばされた演奏家としての寿命、その生活の持続が怪我や病気によってできるだけ中断されないこと、そして、可能な限り最少の労力によって強さと多様性をもつ演奏能力、そして、最少の疲労で済ませることを望まない人がいるでしょうか?

REVIEW
復習

歌唱とは、声の生成装置による音楽的発声を生じるプロセスである。

歌唱における呼吸機能の役割は、音を生み出すために必要な推進力を提供すること、そして、生命を維持するために酸素と二酸化炭素の十分な交換を可能にすることである。

歌唱における最適呼吸機能は、パフォーマンス・スキルの開発を速めて、強化して、パフォーマンス労力と疲労を最小にして、声のダイナミックレンジを増やして、パフォーマンスの経済を最大にする。

歌唱における最適呼吸機能は、歌唱装置の誤用と濫用の防止と特定の損傷と、パフォーマンス・ライフを中断し、その継続をおびやかすかもしれない病気の防止によってパフォーマンス・ライフを広げる可能性がある。

歌手が思っている、彼らの歌における呼吸器の使い方と、彼らが実際に歌でそれを使う方法は、しばしば非常に異なる。

高度に訓練された歌手でさえ、多くの場合、彼らの歌唱パフォーマンスに関する呼吸機能についての正確な知識を持っていない。

多くの歌手が、呼吸機能についての正確な知識なしで、演奏し成功したとしても、彼らがそのような知識を持っていたならば、さらにより優れた歌手になていたかもしれない。

2019/05/29 訳:山本隆則