Breathing

歌唱には呼吸法は存在しない!

Breathing

「声を出しているとき、声帯は開いているでしょうか、それとも閉じているでしょうか、どっちでしょうか?」 これは、私が歌を教えているあるミュージカル劇団で、10年以上にわたり、最初のレッスンのときに生徒さん達に必ずする質問です。生徒さん達は私とのレッスンを受ける前にすでに何年かにわたって声楽のレッスンを受けている人たちです。 この質問の答は、常識的に考えてすぐに回答できるもので、「何を当たり前のことを聞くのか?」と反論されてもおかしくないほどのものですが、驚くべき事はその正解率の低さです。正解率はおよそ30~40%(少し甘く見て!)、つまり70%近い人たちが、即座に「開いて」と確信を持って答えるの…

テトラツィーニを読む

Breathing

テトラツィーニのThe Art of Singing (カルーソーとの共著)に於ける記述の中から選ばれた文章に、山本のコメントや他の著者の記述などを加えて読み解いていく試みです。(基本的に、「カル―ゾとテトラツィーニの歌唱法」川口豊訳、シンフォニア出版によりますが、部分的に翻訳を変えている部分は明記します。) テトラツィーニ(1871-1940)は、数多くのレコード録音を残していますが、歌唱中の映像は、引退後の61才の時に撮られた Luisa Tetrazzini Sings Again With Caruso (1932 Movietone Newsreel Footage : You-Tu…

コラム:それダメ!1.声を出すために大量の息を使ってはダメ!

Breathing

もし、発声に対して最も常識的なことは何か?と聞かれたら、迷わずこう答えるでしょう。「出来るだけ少ない息で声を出すこと。」 発声教育の中でも、呼吸法に関しての意見の相違は、他の分野以上に意見の一致がなく、いまだにこれが正しい呼吸法であるというものはありません。それにもかかわらず、この「大量の息を使わないこと」に関しては、わざわざ言う必要も無いほどの常識として認識されています。 音声のもと(喉頭音源)は、声帯の振動によってつくられます。声帯の振動とは、のど仏(喉頭)の中にある襞が、くっついたり離れたりすることで、管楽器では唇がその代わりをします。この襞がくっつく瞬間に息が多いと、息の流れに邪魔され…

歌唱中の呼吸 その1.

Breathing

歌唱中の呼吸とランニング中の呼吸の意外な共通点 歌唱中の呼吸、話している時の呼吸、睡眠中の呼吸、起きているときの呼吸、運動中の呼吸、等々、呼吸の仕方はその状況によって色々と変化します。 よく、平静なときは腹式呼吸で、運動中は胸式呼吸であると信じている人がいますが、これは半分間違っています。平静時に腹式呼吸をすることは間違いありません。では運動中は胸式呼吸ではないのでしょうか?運動と言ってもいろいろな者がありますが、今はランニングに絞って考えてみましょう。勿論、ランニング中でも、短距離と長距離では全く呼吸法が変わってしまいます。短距離走では、ゴールに到達するまで息をしなくてももつので呼吸はしませ…

©Takanori Yamamoto