Covent Gardenの主役バス歌手。1950年に”The Foundation of Singing”を出版。100ページちょっとの小さな本にもかかわらず、内容は非常に大胆で刺激的。「(昔の歌手達は)我々がもはや知らない何かを知っていた。その何かは失われてしまった。」と言う発言が示すように、現代の歌手達の衰退と、オールド・イタリアン・スクールへの回帰を提唱している。 後の著者達への影響は、目立たないがある種の人たちには大きな影響力があり、引用も多くされている。 【著作】 “The Riddle of the Voice.”(声の謎) Music and Letters, 29 (July, 1948), 238 声の技術の後退は、人間の楽器の一般に認められた見解の基本間違いに起因する。著者は、この間違いを指し示そうと努力する。 “What Is Singing?” Music and Letters, 30(July, 1949), 216-230 著者はイギリス人の「小さな声」を非難して、包括的に、彼の同国人が音声の充実と性質を増す方法を書く。 The Foundations of Singing.(歌の基礎) London: Williams and Norgate, 1950 彼の主著、小さな目立たない本であるが内容は非常に刺激的で出版された時期を考えるとその重要性はこれからますます大きくなるでしょう。 “The Nature of the Singing Voice.”  Music and Letters, 32 (April, 1951a), 140-146. 論文、それはどのように歌唱向けの呼吸ではないかを言ているが、呼吸の正しいスタイルを明らかにはしていない。 “The Tremoro.”  Music and Letters,  32 (April, 1951b),  203. 呼吸と音声生成の本質が簡潔に提出される。 “The Singer and the Song.” Musical Times, 92 (August, 1951c), 348-350 歌の解釈の多くの価値ある側面が、学術的な方法で扱われている。 “Science and the Singing-Master.” Musical Times,  93 (October, 1952), 446-449. 著者は、主に音声科学者が声のトレーニングに於ける混乱の多くに責任があるのを、感じている。論説は、素晴らしく書かれている。 “Voice- Training.” Grove’s Dictionary of Music and Musicians.  5th ed.  Vol  IX. 歌唱の技術面に関する集中的な部分の後、声のトレーニング理論の概要が印象的に与えられる。 the-Foundations-of-Singing