PART II

CHAPTER X

Breathing

次の章で、わたしは技術的な用語を出来るだけ回避しました。そして、読者が我々の主題を理解するために必要な解剖学的組織と生理学についての若干の知識を持っているものとみなしました。
局所的活動と共鳴をのぞいた、他のいかなるものよりも、歌手の呼吸について書かれたものほど、全く途方もなくナンセンスなものはありません。
歌手の呼吸は、純粋に自然である。決して強制されてはならず、そして、あらゆる並外れた身体的な活動に対しても、すべての普通の健康な人間によって使われる呼吸と異ならない。
呼吸には3つのやり方があります:
(1) 鎖骨呼吸(消耗の呼吸)。
(2) 横隔膜呼吸(生活の呼吸)。
(3) 肋骨または肋骨、補助の呼吸。(活動の呼吸)
鎖骨呼吸(上の胸と肩を「持ち上げる」ことによって成される)は、消耗の呼吸である。急激な肉体的努力を使い果たした後の呼吸、訓練されていない人でによく見られる。
すばやく空気をポンプで肺に注入する単純な手段である、それ故、我々はそれを直ちに、そして、完全に放棄する。歌手がこの呼吸法を決して必要としないことは自明である。しかしながら、あまりにたびたび歌手の間にそれが見られることは言及されなければならない。
横隔膜呼吸は、人間が生活しているときの自然な呼吸である。
横隔膜(胴体を2つの部分に分割する大きな筋肉)の収縮によって達成され、その収縮は、横隔膜を落し、上腹部の拡大(膨張)によってその下の内臓を、吸うときに外、下、前方向に押し、吐くときにその逆の動きをする;すなわち、横隔膜が弛緩して、上腹部をフラットにして、肺の底を上げる。これは上腹部の筋肉の収縮の結果である。そして、それは横隔膜と本来対立する。Fig. 1 Fig. 2
ここで確認しておくと、吸っているとき、或は、吐き出しているときはいつでも肺は真空状態にならない。その理論は、ずっと以前にくつがえされた。横隔膜が落ちて、空気は肺を満たす。これが、生活の呼吸である。横隔膜が肋骨または肋骨筋肉に付着するので、横隔膜とこれらの筋肉の間で自然に同調する連携作用がある。そして、直接以下のことに通じる:
肋骨または肋骨呼吸
これは並外れた活動のためにより多くの空気を得る自然の手段で、肋間筋によって下部の肋骨を持ち上げ、広げることによって達成される、そして肋間筋の活動は、上腹部を引くまたは平らにする、肩甲骨の下の背中の拡大、鎖骨形を妨げることなく、胸を持ち上げて広げる活動が同時に起こる。
上腹部とは、片方の寛骨から別のものへ引いた線に当たる部分を意味する。何人かは、それを腹部の中間部分と呼ぶかもしれない。(Fig. 7 の腰の点線)
肩は決して上がらない、しかし、しいて言えば肩の先はわずかに下る。
ちょうどこれがあらゆる並外れた身体的な活動のための呼吸の方法で、歌手の呼吸は横隔膜と肋骨呼吸の組合せである、そこで、呼吸-コントロールは身体的な必然である。
科学的に、横隔膜呼吸において、吸うことは意志的な活動であり、吐くことは受動的な活動であるとわかる。
肋骨または肋骨呼吸は横隔膜ならびに肋骨を制御し、息を吐くことは意志的、又は、コントロールされた行為とする(音声あるいは声の持続された生成のために必要である)。
歌唱行為における呼気時において、我々は、呼吸器官の活動に関する混乱が存在する非常に多くの理由を見いだす。我々は、中に引くこと、外に押し出すことについて、そして、ブレス-サポートと呼吸圧について、そして呼吸の節約等々についてあまりに多くのことを聞くので、この無用な混乱を解決しようとすることは価値がある。
我々が、歌手の完全な呼吸が2つの異なる筋肉の「系統群」が係わっていると理解するならば、全ての問題はかなり理解しやすくなる。
横隔膜の吸気は、上腹部(肋骨の下と、胸骨下の低い肋骨間の体の柔らかい部分の下)を外側下向きに膨らます、一方、肋骨の吸気は、普通「外へふくらむ」胸骨下の肋骨間の柔らかい部分を残したまま、或は、おそらくほんの少しフラットにしたまま、肋骨下の上腹部で反対の動きをする。これは、全く横隔膜の普通の下降を妨害することなく達成される。しかしながら、肋骨呼吸は、横隔膜の異常な下方への強制(肋骨が外と上方向への活動を抑制する或は妨げる、いわゆる腹式呼吸において見られる)と衝突する。後者(腹式呼吸)は、それが肋骨の動き(それは歌唱行為の全連携作用での基本の筋肉活動であることがすぐ認められるだろう)を妨げるというまさにその理由のために嫌われる。我々が歌手の二重呼吸の2つの部分をかなりゆっくり、そして、別々に果たすならば、我々が上腹部「押し上げる」だけでなく「それを引き入れ」るということもわかるだろう、そして、我々が同時に、そして、すばやく2つの行為を果たすとき、(歌っているとき、我々はそうしなければならない)、我々は横隔膜を降ろして、肋骨を上げ広げる、その他。そして、図3と4に示される位置へ体を持ってきて、上腹部をフラットにして、肋骨と胸を上げて、広げ、背中を拡大させ、胸骨の下のやわらかい場所はわずかに膨らむか、ほんの少しフラットにされる、それは個人に応じてであり、肋骨拡大の範囲によって決まる。
この活動が横隔膜の正常な低下を妨害しないことは、かなりはっきりとよく理解されていなければならない。

吸気活動、または息を吸う活動を完了すると同時に、我々は、歌手の呼吸の第2の現象にいたる。私はこれを、呼吸のサスペンション(一時的停止)と呼び、吸気と呼気の間、あるいは、音のアタックと持続の間の休止のことである。これは歌唱のすべての自然現象の中で最も重要なものの1つであるが、あまりにも軽視されるか、無視されすぎてきた。この「一時的停止」の瞬間に起こるものは、いかに注意しようとし過ぎることがないほど重要なことである。歌唱行為を構成する連携作用の全過程に於ける主要な項目の1つである。
しかしながら、これについて論ずる前に、我々は呼気行為を完全に理解しなければならない。
我々が上で見たように、横隔膜による呼気は受動的なものであり、意志ではコントロールできない。補助の吸気、肋骨による吸気の後には、コントロール、或は、意志的な呼気が続く。これが歌うこと、リフティングまたは他の並外れた身体的な活動等々なしでなされるならば、横隔膜は弛緩して上がり、肋骨は落ち、そして、体は「休止状態の」位置に戻り、次の吸気のために備える。
我々は吸気と呼気の2つの活動の間に呼吸の休止、または、サスペンションが常にあることを覚えていなければならない。
大きい努力(例えば重い重量のリフティング、押すこと、引くこと、その他)において、この休止は、努力の必要性に応じて、かなり長いかもしれない。
生理的な活動の1つの事実は、息を吸った後に胴体が「堅くなり、」胴体以外のいろいろな手足や筋肉の活動がより自由で、強力で、弾力的で、繊細になるということである。このために、我々は、その行為が声を出すことかどうか(例えば持ち上げたり、押したりいたりする労力、その他)にかかわらず、あらゆる特別な行為を果たそうとするとき、最初に呼吸をする。
そのような行為または労力の中心は、補助呼吸のときの肋骨にある、それらの活動は、呼吸サスペンション(一時的停止)のちょうどその時に肋骨を堅くする筋肉活動の中心である。それは、けっして横隔膜ではない。肋骨の筋肉は呼吸をコントロールする中心的な筋肉である。そして、それらの活動が一時的停止(サスペンション)をする筋肉活動の中心である。それは、容易に証明される。叫ぼうとする瞬間に肋骨を落としてみなさい、すると、あなたは声を出せないでしょう。また、引くか押すかリフトするちょうどその時に、肋骨を落としなさい、すると、あなたはそのような努力または活動がなかったように振る舞うでしょう。
これは、胴体に対する無関係な筋肉に影響を及ぼしている上述のコーディネートの法則の原理のためである。
それは、歌手のためのブレス-コントロール、或は、ブレス-サポートを構成するものについての確かな結論を引き出すことができる重要な法則である。それは、あらゆる並外れた身体的な活動のために人によって使われるものと同じである。それはまた、歌唱行為、すなわち、吸う行為において、連携作用が始まるところを、我々に示す;何故なら、正しく実行された吸気行為は、正しい一時的停止(サスペンション)と正しい呼気の歌唱行為(我々がこれから見ていくように)を引き起こすからだ、そしてそれは、実際にはより正しく息を吐くことと、更なる何かである。
この「さらなる何か」がなんであるかを述べる前に、歌手の呼吸に関するいくつかの明確な結論を示しましょう、その後で、この呼吸が何をするか、そして、歌唱のいかに重要な要素であるかを見るだろう。それは、
(1) 横隔膜呼吸である「生活のブレス」は鼻-呼吸である;つまり、一般に受け入れられているように、我々は鼻を通して息を吸い込んで、吐き出す。肋骨、胸式、補助呼吸は、我々が絶叫するか叫ぶときのように、口を通して成される;再び、経験によって分かる自明の事実。歌手が横隔膜および肋骨両方の呼吸を利用するとき、彼は鼻と口の両方を通してを息を吸う。
(2)人は、生活のブレスより多くを必要とするすべての行為のために同じような呼吸のやり方を使う、すなわち、組み合わせられた横隔膜呼吸と肋骨呼吸。
(3) いかなる目的のためでも呼吸は決して強制されてはならない、そして、呼吸は、その活動に於いて、身体的な活動と結果のために、意志的な呼吸、あるいは、求める呼吸と釣り合わなければならない。それ故、身体的な活動のための呼吸を定めているはっきりした法則がある。我々は、以下の通りにいくらかこの法則を述べることができた:呼吸行為は常に、強さ、拡張性と時間において意志的な発声行為と釣り合っていなければならない。「時間」とは、吸気と呼気のために使われる実際の時間を意味する。自明のように、この時間は短いかも、長いかもしれない;つまり、我々はより長く伸ばされた声、或は身体的な行為のために速い呼吸をするかもしれない。そして、それは行為のためにより長い準備の余地がある。おそらく、これは歌手の呼吸を定めている我々の最初の法則を案出する最高の箇所である。そして、それの法則について我々はこの本の相応しい場所でさらに論ずるだろう。
(4) 法則:歌手の呼吸労力の強さは、音声の音の高さとボリュームに常に比例する。
(5) 歌手の呼吸は全く自然で、あらゆる並外れた身体的な活動のために人によって使われる呼吸と同じで、それはたやすく自然に引き起こされる; そして、連携作用の要素として、必要以上に「局所的に」なることなく、練習を通して、声に求められる成果に合わせるために自然発生的になされなければならない。
(6) 正しい呼吸は、胴体にある一定の姿勢をとらせるだろう、それを歌手の体位(the singer’s body position)と呼ぶだろう。図3と4に示される。この姿勢は呼吸労力に比例して異なるかもしれないが、程度の違いだけで本質的には決して異ならない。それは、常に歌手にバランス(決して胴体のあらゆる部分の堅さまたは過度の緊張ではなく)の感覚を与えるだろう。
(7) 我々が鼻だけを通して吸うならば、発声器官、特に口蓋、口峡などは空気の通過を可能にするための特定の位置をとらなければならない。またその一方で、完全に口を通して吸うならば、同じ器官は同じ目的(空気の通過)のための特定の位置をとらなければならない。それ故、我々が鼻と口の両方を一緒に通して呼吸をとるならば、同じ器官は上記のどちらとも違う特定の位置をとらなければならない。
これは、歌手の正しい呼吸は発声器官の特定の「発声位置/vocal position」を与えることを意味する。そして、それはその通りに起こることである。私は、これが最も重要なことであることが承認されるであろうと考えます。
正しく吸うことは、同時に、それらの仕事をするために発声器官の準備をすることなので、歌唱行為の連携作用は呼吸をとることで開始されると言うことが出来る。わたしはこれが発声器官の弛緩の事だけでなく、常に意志的な行為や求められる音声または音声等に比例して、それが真の準備とはっきりした連携作用の始まりとなると信ずる。したがって、正しい呼吸は、発声器官が仕事をするために、そして発声器官を「自由な活動」に役立つ位置と状態に置くための準備をすると言えるだろう。
我々はここで、リラクゼイションについてのほとんどの話はナンセンスで、実際、根拠を持っていないと言わせてもらおう、何故なら、(正しい緊張と活動を伴わずに)リラクゼイションを通してあらゆる身体的な行為を行うことはありえない。これは堅さと混同されないことである。堅さは普通の自由な活動のすべてをただ妨害するか、不可能にさせる。
鼻-呼吸がおそらく声の有機体の多かれ少なかれ完全なリラクゼイションを引き起こすことは真である; しかし、口呼吸または肋骨呼吸を伴う吸気はそのようなことは起こらない、何故なら、たとえば鼻で吸う弛緩された口蓋とは違う口蓋位置になるからだ。多くの教師が、生徒に口蓋を上げさせたいと望むなら、すばやく口を通して吸い込むように教えるはまったく正しい。
そして、正しい呼吸の任務の1つは、あらゆる意志的発声行為の為に準備され調整された自由な活動に役立つ位置と状態に発声器官を置くことであると結論を下すことは理にかなっているようにおもえる。何が、歌手にとってより大きな重要性でありえたか?
あらためて、もし我々が、発声器官を「リラックスさせる」か「解放する」ことを望むならば、正しく吸うことは事実上我々の唯一の手段である、何故なら、後で見る様に、局所的、意志的なリラクゼイションはほとんど不可能なことである、そして、しばしば一見達成されたように見えるならば、どこかほかで過度の緊張引き起こす結果となる。そのような局所的リラクゼイションがサウンドを通して最もよくもたらされる場合があるのを、我々は見るだろう。
更にまた、これは、歌手が間違って発声器官を使っているならば、彼が唯一新しい呼吸をとることによってのみ、それらを解放し正しい発声位置と活動を引き受けることができることを意味するだろう。注意深く自分自身を注視する歌手はだれでも、これが真であることを知っている。呼吸行為の重要性に対するもう一つの議論。
「呼吸のサスペンション(一時的停止), the suspension of the breath、吸気と音声の起声との間の休止に戻ること。
このサスペンションは、歌唱行為のための自由な活動と準備の状態を最終的に、そして、明確に引き起こし固定する、しかし、それは、さらにより明確で重要な何かを伴う; わたしは、喉頭の位置、人間の声の「共鳴箱」または振動体に言及する。
サスペンション一時的停止が生じると、喉頭(すでに、吸う行為に影響を受けている)は、肋骨の活動または「サスペンション」を通して歌うための位置をとる。そして、それは(胸の、そして、特に胸骨甲状筋の筋肉を通しての活動)喉頭を固定するので、声帯を緊張させ振動させる際に、声帯の活動を決める披裂軟骨と他の筋肉たちがそれらの仕事をすることができるようにする。この喉頭位置は歌手によって違うが、上で示されたように、自然の法則に従わなければならない。
これは、歌手に喉頭を故意に下げる又は上げるように要求することが、破滅的とまでは言わなくとも、いかに危険かと言うことを示すのに役立つかもしれない。喉頭と付随する筋肉の位置と緊張は、まず、正しく吸うことと呼吸のサスペンション、そして、意志的な歌唱行為に依存する。これは、ただ多くの練習を通してのみ、誘発され、改良されることができる、そして、いわゆる「局所的労力」派に対する第一のそして極めて重要な異議であることが認められるだろう。
歌唱行為の間、喉頭はリラックスしていなうが、意志的に出された音声に応じて変化する自然な抵抗力によって働く。ピッチに関する以外の、調整と緊張の変化は事実上無限である。ピッチは個人によって明確に定められた限界がある;しかし、これは必要以上に科学的な問題で、この本の範囲外である。経験が我々に教えた人間の声の正常な自然の範囲を越えた、過度の音高のいくつか(数音またはさらにオクターブ)に対するある種の教師達の主張は、ほとんど根拠がないとここで言うことができる。にもかかわらず、正しい呼吸と発声器官の正しい位置と活動が、多くの「狭い」声の音域を大いに広げるだろうことは真である。
ほとんどの歌手がそれらを獲得しようと努力するために人生の多くの年月を費やしたもの、いわゆる、「呼吸-支え」、「音声の支え」、「呼吸-コントロール」、或は、好みによって言い方はそれぞれであるものに、我々は今や到達した。彼はそれなしでどうすることもできない、たいていの場合意識過剰になりそれに対してほとんど無力である。際に、それは何であるか?
補助としての肋骨呼吸は、発声位置をもたらし一時的停止の行為を確立して自由な活動を保証すると同様に、歌唱行為において連携作用を促進する;我々が言うように「労力の中心」は肋骨なので、音声のアタックは肋骨を落とすことなく達成される。そして、そのことは叫ぶときの動きで説明された。
声の出だしが肋骨を落とさずに果たされるように、歌声の継続は、位置、動きと響きの同じ因果関係に依存しなければならないのは常識のように思える。これは、音声の連続や音楽的なフレーズを通して、伸ばされた、又は、維持された歌唱行為の間、我々の胴体や呼吸器官に起こることである。

昔の楽派によって主唱される原理の1つは、肋骨を落とさないで音声を出し始めることであった。なぜか? 驚いたときの動きとみなされる上記で与えられた法則のため。肋骨が「保持された」場合、声は明瞭に自由に出ることや、声の法則に対する干渉が回避されることは経験によって見いだされる。
はっきりしたことは、これは連携作用の法則によって説明されるということだ。
そして、わたしがある程度までは説明したように、それは正しい喉頭位置、抵抗などを保証する。同様に、労力の中心が肋骨にあり、1つの音声または複数の音声(つまり、音楽的なフレーズ)を最初から最後まで維持することで、それらは歌唱行為を通してそれらすべての仕事をしなければならない。
歌唱行為の間、呼吸器官と筋肉で実際に何が生じるかについて、疑問が起こる。それは、極めて簡単である。呼吸が排出されるとき、横隔膜は上がる。そしてその上昇は、収縮して、内側に上に押す(吸うときと正確に反対である)上腹部の力強い拮抗筋によって助けられる;肋骨は、それら自身の肋間筋によって多かれ少なかれしっかりと保持されるだけではなく、腹部の筋肉によっても助けられる。これは上行横隔膜(それ故出て行く空気)のコントロールを保証する。そして、労力または活動の方向は図4に示される。肋骨は、上腹部の内側への引きを保持する、そして、音声のアタックの瞬間だけではなく、発声活動の持続の間、張りつめて外に押し出された胸骨下の弱い箇所で、わずかな反射作用活動が起こる、。この維持が非常に長いならば、肋骨は補助呼吸を使うために落ちるかもしれない、しかし、それらは装備されている2つの対立する筋肉セットの抵抗を受ける。これは、最大限の重要性である。それはただ次のようなことを意味する、横隔膜をその最も高い位置に上昇させたあと、不必要に歌唱行為を長くするならば、肋骨を空気の「圧搾機」として使うことを強要されるかもしれない。
それから、肋骨の主な使命は、横隔膜を助けることによってサスペンションを準備することであり、それ故、喉頭の位置(我々が発声位置を呼んだもの)を定めることとである; その他に、第2の使命は、空気の蓄えまたは補助の供給を提供し、コントロールすることであるのがわかるであろう。
それがどうすれば可能なのかはよく尋ねられる、上腹部がサスペンションの瞬間にわずかにフラットになるならば、歌唱行為の間にも、さらにそれをフラットにすること;、しかし、これは正に起こることである。Fig.3 Fig.4図3と4の中で見られるように、肋骨が保持されるとき、横隔膜が上がるにしたがって上腹部はフラットになる、そして、我々が肋骨の予備呼吸を義務づけなければ、肋骨は単にすばやく落ちて、新しい呼吸を取るときにまた拡大する。これは、著しい速度で、自然に、そして、容易に達成される。補助呼吸を使用し、肋骨が抵抗を受けながら下り、それによって発声位置を失わないならば、新たな呼吸のために、肋骨は横隔膜の下降で自動的に広くなる、そして、胴体は常に図4に示される位置をとる。これは喜びや熱狂の叫びや同じ類いの驚いたときの声で容易に見られるかもしれない。歌手は、肋骨を決して局所的に突き出そうとしてはならない。それらの動きと圧力は連携作用の一部である、そして、それらはそれら自身の自然の活動を漸進的に高めるだろう。われわれは、正しい場所でこの活動を引き起こす手段を説明するでしょう。
また、わたしは、歌唱行為とは別に練習される「呼吸エクササイズ」に対して強く忠告するだろう。すでに与えられる法則のために、我々が連携作用に対処しているので、発声位置への呼吸活動の関係のために、呼吸は歌唱行為でのみ練習されなければならない。身体の筋肉の連携作用のあらゆる部分に向けられたあらゆる過度な又は誇張された対応または労力は、その連携作用を大抵の場合妨害することを肝に銘じなければならない。これは、歌の学習に於いて主要な危険性の1つである。
必要以上に頻繁な繰り返しの危険をおそれずに言えば、正しい呼吸の使命は二元的である。それは空気を与えるだけでなく、余儀なく発声位置を正しくして保持させる。そして、それらの仕事のために発声器官の準備をして、自由な活動を保証して、干渉を妨げる。
呼吸器官に関する1つの大変興味深い観察がある。そして、それは歌手にとって非常に重要であり、彼がある困難の犠牲者となるわけを説明するのを助ける。発声器官は2系列の機能(活動の2つの系統群)を持っている; 1つは歌唱と言語活動(発声活動)で、もう一つは嚥下行為である。以前に見たように、正しい呼吸は正しい発声活動を促進し、生み出すのを助ける。嚥下は、摂食行為の間に呼吸器官と正反対の活動(つまり、上腹部の弛緩)を引き起こすので、空気を排出する行為は妨げられるか、阻止される。これはまた単に発声器官と呼吸器官に影響を及ぼす協働の法則であり、極めて必要な法則であり、入口で食べ物が喉頭または気管に入って詰まることに対する予防手段である。嚥下行為の間、協働の呼吸行為(見たように、発声位置と活動を生みだす)を刺激して話すならば、我々は声門を開け、喉頭蓋を上げる、そして、食物は気管に入って詰まりやすくなる。

さらに連携作用の法則に従って間違って呼吸する歌手が、スピーチや歌の発声行為に対する干渉で悩む理由を今や容易に説明することができる、例えば、後ろに引かれた、そして、上に反り返った舌(嚥下位置)、過度に上げられた口蓋など、そして、上がった喉頭。
一定の目的のために自然の連携作用を通して明確に発声器官の機能の2つの系列を理解するならば、我々は同じく明確に呼吸器官が1つの音声を、或は、発声位置と発声活動を維持している間の活動の熟達の重要性を見る。1つの音声を維持している間、或は、発声ポジションと発声活動に、我々ははっきり同程度に呼吸器官の動きについての熟達の重要性を見る。
この活動の最後の現象は、あらゆる音声またはフレーズの終わりまたは終止で観察される。これは更に又正確に昔のルールと一致する。そして、いわゆる「心の音/nota mentale」で詳しく述べられる。それは、極めて単純である。生徒は、ほんのすこし長く音声を歌うか、維持するようにイメージすることを教えられた、実際に歌うより、又は維持するより、だいたい装飾音の音価ほど長く。つまり、彼は実際に歌った音より、発声慣用句では、彼は「呼吸-支えを維持し続ける/held on to his breath-support」或は、[心の音/nota mentale」又は、実際に歌う音より長い心の音をイメージするので、呼吸労力または緊張は声が終わったあとで終わる。音声と呼吸の支えが同じ瞬間で終わるときに生じる「うなり声」または喘ぎを、これは妨げる。我々は、歌手(大きな名声を持っている人々でさえ)でどれくらい多くこれを聞だろう。それは、すべての歌唱通に、コントロールの欠如と、過度の身体的労力の苦しみのしるしである。それは単純に次のことを意味する、我々が呼吸のサスペンションの後、又は同時に音声を始めるように、呼吸のサスペンションで音声を終える、そして、ふたたび肋骨は努力の中心である。
これは歌手の呼吸活動、呼吸と発声器官の連携作用の基板を完成させ、次の図8を示すことが出来る。そして、それは行為の全系列をはっきりと正確に示す。IMG
図8 心の音、吸気-一時的停止-発声アタック-維持-声が終わる-呼吸の一時的停止-呼吸の支えが終わる-新しい呼吸
呼吸のこの問題を去る際に、わたしは次の警告をするだろう。
(1) 呼吸活動が決して強制されてはならないか、必要以上に局所的に、そして、意識的に作ってはならないと、歌手は理解しなければならない。それは、常に望ましい成果と比例している。
(2) 歌う行為から切り離された呼吸エクササイズは、たいてい有害で、歌手の真の呼吸を育てない。
(3) a. 連携する呼吸活動は、分割されてはならない。それは、以下の通りに自然でむしろ間接的な手段(例えば腕の使用)で引き起こされなければならない:片足をすこし前に出して楽な、直立した姿勢で立ち、両側から腕を肩の位置レベルまで上げ(手のひらを下に向け)、同時に、息を楽に、深く、そして、広く吸う、決して強制したり、決して大量の空気を取り入れようとしてはいけない。唇はわずかに開かれなければならない。(図5)Fig. 5 Fig. 6
b. 同じ姿勢で立って、腕を前方へ上げ、手のひらを上に向け、再び肩の高さに上げ、同様に静かに吸うこと。唇は開かなければならない。これは、懇願のしぐさのように。(図6)
c, 歌手が鎖骨呼吸や肩を「丸める」などの習慣に悩むならば、上記と同じ姿勢で立たせ、肘を曲げることなく頭の上に腕を上げて、手のひらを合わせなさい。腕を降しながらゆっくりと息を吸い、それらが離れたとき手のひらにを下に向け、そして、肩の高さで腕の下降を止める。鎖骨呼吸習慣が極めて頑固であるならば、上記の方法で鼻から吸い始めなさい、そして、腕が下るときに唇を開きなさい。このエクササイズは、肩と鎖骨の持ち上げを抑制するか、防止する。(図7)Fig. 7
一般的に、歌唱なしで2、3回これらのエクササイズの何かを行うだろう、やがては常に歌うか叫ぶ感じで練習することになるだろう。実際に、単に叫ぶ行為はしばしば、自然にすばやく、正しい呼吸を引き起こすだろう。
d. その後は、呼吸活動が自由で、楽で、適切になるまで、いくつかの音声またはフレーズを維持しようとしないで、楽な中低の声域で、短い継続時間の単一の音声で始めなさい。他方では、叫ぶことを練習しすぎるのは賢明でない、何故なら、「キャッチ」呼吸、または、空気を求めてあえぎを引き起こしやすいので。
(4) 歌手または話者の呼吸は、静かにとられなければならない。これは、鼻と口を一緒に通してしか達成されることができない。
(5) 吸い込むとき、口は決して広く開いてはならない;唇はわずかに開きなさい。
(6) 呼吸器官のあらゆる部分で「一点に集中する(localizing)」ことを回避しなさい。
(7) 深く、そして、広く、吸入しなさい。しかし、容易に、そして、強制することなく。背中を局所的に拡大しようとしてはいけない。それは、それ自体で注意するだろう。
(8) ゆっくり急ぎなさい、歌手の技巧が忍耐、時間、注意、脳と純粋に自然の手段、さらに一番最初に想像力を加えること、によってのみ完成されることを忘れてはいけません。すべての音声は、想像力と意志の明確な推進力の結果でなければならない。
(9) 歌手が上達するにつれて、彼が歌っている音楽のリズムに基づく呼吸の「リズム」を習得させなさい。それは、表現の本質的な部分でなければならない。これは、フレージングに驚異的な影響を及ぼすだろう。
(10) すべての歌手が学ばなければならないことは、かれは自然の法則に従わなければならないが、どの程度従うかは個人的なものであること、この点で、それぞれが彼自身の法則であること、彼がある力に於いて他の歌手を上回るか、或は、及ばないかもしれないということ、そして呼吸も例外ではないということ、等々。また、健康と強さは、歌手にとってきわめて重要なようそではあるが、強い身体的な力はおもうほど重要ではないかもしれない、;しかし、より強靱に鍛え上げられた演奏者の能力をはるかに超えてフレーズを維持することができる、繊細でほとんど弱々しく育った歌手をわれわれはいかに多く見てきたことか。技術と頭脳は、筋肉や力よりずっと多くのものを達成するかもしれない。穏やかな音声を歌うために息または空気を多量に必要としない、そして、呼吸の労力について話すとき、我々は使われる空気の量と同様に筋肉の活動に言及する。

[Witherspoon, Singing. 1925  p.55]