PHYSIOLOGY OF THE LARYNX  喉頭の生理学
927 Intrinsic Muscles 内因性筋肉

aditus laryngis  喉頭口:  喉頭の上の開き。
anticus  前筋:  Cricothyroid muscle 輪状甲状筋。
aryepiglottic, arytenoepiglottideus  披裂喉頭蓋筋:  披裂軟骨から喉頭蓋の側面まで伸びる、Wrisbergの軟骨を有する2つの筋肉の1つ。喉頭のえりの側面にあたる。
arytenoepiglottideus, arytenoepiglottic fold  披裂喉頭蓋ヒダ:  Aryepiglottic fold 披裂喉頭蓋ヒダ。
arytenoid muscles  披裂筋: 横披裂軟骨と斜披裂筋とあるいは輪状披裂筋も。
arytenovocalis:  披裂声帯筋。
aryvocalis  披裂声帯筋:  Aryvocalis muscle披裂声帯筋。披裂軟骨から声帯靭帯へ進み円錐体の下部へ付着する。
cartilaginous glottis  軟骨声門:  声門の披裂軟骨部分。
ceratocricoid  下角輪状軟骨筋:  輪状軟骨と甲状軟骨の下角の間の結合を作るのを助ける後輪状披裂筋から線維束。(Zemlin p.140)
closers  閉鎖筋:  披裂間筋(HuslerとRodd-Marling)。
Collar of the larynx  喉頭のえり:  喉頭蓋、Wrisberg軟骨と披裂軟骨を伴う披裂喉頭蓋ヒダによって形づくられる筋肉リング。喉頭の前庭。
cricoarytenoid  輪状披裂筋:  輪状軟骨の上で披裂軟骨を回転させる4つの筋肉の1つ。
cricothyroid  輪状甲状筋:  輪状軟骨の前部に付着している4つの筋肉の1つで甲状軟骨を下に引き下げる。まっすぐに引く垂直の繊維を持つ2対の直部;、そして、側面に、甲状軟骨を下に引き下げるだけでなく、前にも引く斜めの線維を持つ2対の斜部がある。前筋。
depressor epiglotticus  喉頭蓋引き下げ筋:  甲状喉頭蓋筋。
external oblique fascicle  外側斜線維束:  仮声帯の部分 (Curry)。
external thyroarytenoid  外側甲状披裂筋:  内側甲状披裂筋(声帯筋、内筋)と平行している甲状披裂筋の部分(内側甲状披裂筋と甲状軟骨の間にある)。それは、他と関係なく収縮することができる。Thyromuscularis 甲状筋層筋。
false vocal cord  仮声帯:   Ventricular band 室襞。
fasciculus, (fasciculi, pl) fascicle.線維束:   繊維の束;線維束。
fold  襞: 筋肉または筋肉の部分。
glottal bands, folds, lips, shelves, wedges  声門の帯、襞、唇、棚、くさび:  甲状披裂筋の下部の襞。
glottis  声門:声帯の間の空間
glottis respiratorio  呼吸声門:  通常呼吸の声唇の間の空間。(Appelman, p.56 を見よ)
horizontal fascicle  水平線維束:  内側甲状披裂筋 (Curry)。声帯筋
inferior fold  下方の襞:  甲状披裂筋の下部の部分。真声帯。
inner oblique fascicle  内部の斜線維束:  真の帯(Curry)の部分。
interarytenoids  披裂間筋:  横と斜披裂軟骨。閉鎖筋。
internal thyroarytenoid  内側甲状披裂筋:  甲状披裂筋の下部の襞の縁(声門の筋肉縁を形づくる)。それは、他と関係なく収縮することができる。声帯筋。水平線維束。Thyrovocalis 甲状声帯筋。
intrinsic musculature of the larynx  喉頭の内因性筋肉組織:  喉頭内に起始点と付着点を持つ筋肉。
Larynx, (larynges, pl.)  喉頭:  発声の器官。
lateral cricoarytenoid  側面輪状披裂筋:  後部近くの側面で輪状軟骨の上の縁から起こっていて、披裂軟骨の1本の筋肉突起を前に引っ張る筋肉。一対の筋肉。
middle oblique fascicle  中間の斜線維束:  甲状披裂筋の部分(Curry)。
muscular glottis  筋肉声門:   Ligamentous glottis 靱帯声門。
oblique arytenoid muscle  斜披裂筋:  片方の披裂軟骨の底から起こり、別の頭に挿入される2つの筋肉の1つ。
openers  開大筋:  後輪状披裂筋(HuslerとRodd-Marling)。
pars obliqua  斜部:  斜めの部分。輪状甲状筋を見る
pars recta  直部:  直立部分。輪状甲状筋を見る。
plica vocalis  声帯ひだ:  声帯
posterior cricoarytenoid  後輪状披裂筋:  輪状プレートから起始し、披裂軟骨の1本の筋肉突起に付着して後ろに引く筋肉。一対の筋肉。後筋。
posticus  後筋:  後輪状披裂筋。
rima glottidis  声門裂:  声門。
ring-shield muscles  リング-シールド筋:  輪状甲状筋(Marchesi)
shield-pyramid muscles  シールド-ピラミッド筋:  甲状披裂筋(Marchesi)
sinus of the larynx 喉頭の洞:  Ventricle 喉頭室。
stretchers  伸展筋:  輪状甲状筋(HuslerとRodd-Marling)。
superior fold  上部の襞:  甲状披裂筋の上の部分。仮声帯。
superior oblique fascicle  上部の斜線維束:  仮声帯の部分。(Curry)
tensors  緊張筋:  声帯筋(HuslerとRodd-Marling)。
thyroarytenoid muscle  甲状披裂筋:  2つの複合筋の1つで、甲状軟骨の切込みの下から起こり、それぞれの披裂軟骨の1つに挿入する。この筋肉の起始は、甲状軟骨だけではなく、中央輪状甲状靭帯でもある。
thyromuscularis  甲状筋層筋:  外の甲状披裂筋。
thyrovocalis  甲状声帯筋:  内の甲状披裂筋、声帯筋。
transverse arytenoid  横披裂筋:  2個の披裂軟骨の間を、水平に、斜披裂軟骨筋肉の下側に伸びる単一の筋肉。
transverse fascicle  横線維束:  仮声帯の部分(Curry)。
true cords  真声帯:声帯。
ventricle of Morgagni  モルガニー洞:  喉頭の両側の仮声帯と真声帯の間のポケット。
ventricular band  室帯:  甲状披裂筋の上の襞。仮声帯。
ventricularis  室筋:  室とおそらく仮声帯の壁の部分を形づくる甲状披裂筋の線維で、喉頭蓋に達する。
vestibule of the larynx  喉頭前庭: 喉頭のえり。
vocal cords, band, folds, lips, shelves, wedges  声帯、帯、襞、唇、棚、くさび:  甲状披裂筋の下の部分。真声帯。
vocalis  声帯筋:  内甲状披裂筋。内筋。

[Vennard, Singing 1967,  p. 246]