舌根を下げて軟口蓋を上げる、とはよく言われることで、また不幸にもそれを信じている生徒が多くいます。
これは、生徒に喉をよく開けさせるために言われるのですが、これは大変危険な大間違いです。
第一、声帯の振動が悪くなります。また、舌根を下げると口の奥および首に局部的な緊張が入って疲れます。

舌がやらなければならない仕事は、調音、つまり母音をつくるために、声帯から口先まで(声道)の形を作ること、いくつかの子音をつくることで、そのためには自由に動ける柔軟性が無くてはなりません。
例えば、「い」の母音は、舌の前方を硬口蓋の前方に接近させなければ「い」母音を発することは出来ません。「え」母音は舌がそのまま中間点まで下がり、「あ」母音になってやっと舌の形は平らになります。この「あ」母音の舌の形がそのまま後方にスライドして喉の後ろの壁に接近すると、今度は暗い「あ」母音になり、それを中間点まで上げると「お」母音、更に後ろの上に進むと「う」母音になります。つまり5つの母音で舌を下げることはありません。日本の発音教育では、正しい母音は正しい唇の形から生まれると教えますが、唇も大事な調音の道具には違いありませんが、唇は声道の形と協力し合って、或は、声道の形を作る結果、唇の形が決定されるのです。
つまり、舌を下げて「い」や「う」の母音を発音することは拷問に近い苦行となり、「K]の子音を発することは不可能となります。

このポイントに関する昔の名歌手達の証言では、特にソプラノが高音を出すとき、下の後ろの方を高くさせることが必須としてあげられています。Tetrazzini, Lehmann