Tetrazzini & Enrico Caruso,The Art of Singing

発行:1909 著者:Luiza Tetrazzini

Tetrazzini, Luisa, and Enrico Caruso. The Art  of  Singing. New York: Metropolitan Co., 1909. Reprinted, New York: Da Capo Press, 1975.
この本の後半は、カルーソーによって書かれた。 翻訳書は、川口豊の訳で、1995年にシンフォニアから出版されている。(日本版では、前半がカルーソーで、後半にテトラツィーニとなっている。)
The Art of Singingに対するTetrazzini夫人の貢献は、歌唱上の助言に対する解説と伝統的な指針である。理論についてはほとんど時間を費やず、正しい音生成をもたらす肉体的な動きについて示唆する。[The Art of Singing, Brent J. Monahan,  p. 290]

翻訳版でも、全体で70ペ―ジ弱を2人出分けて書かれた小冊子。カルーソーは自身の発声技巧についてまとまった記述はなく、この本でも2~3ページに満たない。

テトラツィーニは、この本以外に、How to Sing  1920年初版がある。Monahan が言うように,この本では理論的な要素よりも,歌手が実際に声を出すときの,肉体的、感覚的な記述が多く、初学者には表面的には読めても理解するのは難しいように思えます。しかし、実際に自分でも声を出し,ある程度の理論的なことも理解できている人々にとっては重要なことを具体的に書いているので非常に興味深いものとなっています。

引用

Do not attack a note at the same time that you are inhaling. That is too soon. Take the breath through the nose, of course, and give it an instant to settle before attacking the sound. In this way you will avoid the stroke of the glottis which is caused by the sudden and uncontrolled emission of the accumulated breath.
吸うと同時に音を出し始めてはいけません。それでは早すぎます。もちろん、鼻を通して息を取り、音声を出し始める前に一瞬それを安定させなさい。このやり方で、蓄積された息の急激でコントロールされていない放出が原因となる声門打撃を避けることができます。
[Luisa Tetrazzini, The Art of Singing (New York: Metropolitan, 1909) 26.]

I believe that Tetrazzini was incorrectly using the term “stroke of the glottis” to describe an explosive attack.
私は、テトラッツィーニが破裂的なアタックを記述するために「声門の打撃」という用語を誤って使っていたと思う。[Marek, 84]

©Takanori Yamamoto