1958年までに、Gunnar Fantは、著書、The Acoustic Theory of Speech Production (スピーチ生成の音響理論  Mouton、1960)、そして研究論文、Acoustic Analysis of Speech with Applications to Swedish(スウェーデン語(Ericsson Technics、1959)への適用によるスピーチの音響の分析)を含んだ記念碑的な博士論文の彼の研究を整理した。
彼の理論は、身体的にスピーチとは何であるかについて、一般に述べて、母音と子音が特徴的な聴覚の特徴を生じるためにどのように作られるかについて説明する。これは、音声がどのように声道によっダイナミックに変えられ発生して、フィルターに通されるかという開拓者的な量的前進であった。
これらの出版物(特に彼の本)は、たちまちスピーチ処理の分野の標準的な基準になった。
Gunnarの理論は、分析-合成方法(analysis-synthesis methods)によって声コミュニケーションの現在のテクノロジーの多くの基礎をなす。スピーチの説明は、言語の一般的な無所属で、正常とゆがめられたスピーチ両方にあてはり、人間の歌う、そして話す声をカバーしている。

彼の理論は、線形音源‐フィルター・モデルとして現在の音声研究のベースとなっている。