Thomas J. Hixonは、アイオワ大学から言語病理学(speech pathology)と聴能学(audiology)の博士号を授与されて、ハーバード大学で博士号取得後、呼吸生理学(respiratory physiology )と生体運動学(biomechanics)を研究した。彼は、スピーチ、言語、聴覚科学の部長で、神経因性コミュニケーション障害のための国立センターのディレクター、そして、アリゾナ大学での大学院名誉教授である。Hixonはアメリカのスピーチ・言語・聴覚協会の会員で、スピーチ・言語病理学の臨床能力証明書を持ち、協会の賞を受けた。彼は、言葉と聴力研究ジャーナのエディタであり、言葉、言語と聴力研究ジャーナルlのスピーチ・セクションの編集者、そして、1ダース以上のスピーチと音声のジャーナルの論文審査員であり共同編集者。

Hixonの調査対象は、正常な音声生成と異常な音声生成を中心とする。彼は、歌唱における呼吸機能について広く出版、講義をして、その論題についての有力な研究として認められた。彼のごく最近の2冊の本、Respiratory function in speech and song(スピーチと歌における呼吸機能)(共著)、そして、Evaluation and management of speech breathing disorders:Principles and methods (スピーチ呼吸障害の評価と管理:原理と方法)(Jannette D. Hoit共著)は、歌うこと(そして、演じること)に対する調査と臨床的重要性の豊かさを詳細に記録した。Hixonはプレゼンテーションをし、ワークショップを行い、そして/または、ジュリアード音楽院、マンハッタン音楽学校、ヴォイス・ファウンデーション、歌唱教師のナショナル・アソシエーション、スウェーデン・ローヤル科学技術協会、英国音声協会、カナダの音声看護財団、オーストラリア国立歌唱教師協会on、舞台芸術のためのデンバー・センター、そしてGrand Ole Opryで研究を実施した。彼は、ロンドンのローヤル・シェイクスピア・カンパニー のメンバーについての研究を含む演技についての調査もした。
[2006年 Function in Singing: A primer for Singers and Singing Teachers. p.167]

【著作】

1972年 Some new techniques for measuring the biomechanical events of speech production: One laboratory’s experiences. American Speech and Hearing Association Reports, 7, 68-103
1973年 Repiratory function in speech. In F. Minifie, T. Hixon, & F. Williams (Eds.), Normal aspects of speech, hearing, and language (pp. 75-125). Englewood-Cliffs, NJ: Prentice-Hall Publishers, Inc.
1975年  Respiratory function in speech and singing: Myth and reality. Paper presented at the Voice Foundation Symposium on Care of the Professional Voice. New York, NY.
1973年 Hixon, T., Goldman, M., & Mead, J.  Kinematics of the chest wall during speech production: Volume displacements of the rib cage, abdomen, and lung. Journal of Speech and Hearing Research, 16, 78-115.
1979年 Hixon, T., & Hoffman, C..  Cest wall shape in singing. In V. Lawrencee (Ed.), Transcripts of the seventh symposium on care of the professional voice, Psrt I: The scientific papers (pp. 9-10).
2005年 Hixon, T.,&Hoit, J..  Evaluation and management of speech breathing disorders: Principles and methods. Tucson, AZ: Redington Brouwn.
1976年 Hixon, T., & Hoit, J.. Dynamics of the chest wall during speech production: Function of the thorax, rib cage, diaphragm, and abdomen. Journal of Speech and Heating Research, 19, 297-356
1987年 Hixon, T., Watson, P., Maher, M.. Respiratory kinematics in classical (Shakespearean ) actors.  In T. Hixon (Ed.), Respiratory function in speech and song (pp. 375-400).  San Diego, CA: Singular Publishing Group.
1995年 Hixon. T., Weismer, G. . Perspectives on the Edinburgh study of speech breathing. Journal of Speech and Heafing Research, 38, 42-60
2006年 Function in Singing: A primer for Singers and Singing Teachers. Tucsson, Arizona