サントリー・チャールズ卿(1834-1908)は、有名な英国人バリトン。
1855年、彼は、シム・リーブスに勧められ歌の勉強のためにミラノでランペルティーに会ったが、彼はガエターノ・ナーバを選び、生涯の友となる。1857年にロンドンにもどり、ハイドンの天地創造を歌った。それを聞いていたガルシアが、レッスンの申し出をし、サントレーは喜んでうけた。
生涯、イギリス諸島、オーストラリアとアメリカ合衆国で歌い、1907年にナイト爵に叙された。

The art of singing and vocal declamation.  New York: Macmillan Co., 1908. [NYPL]
非常に多くのスペースを回想に捧げられており、これを教育的著作物と呼ぶための技術的な議論とはなっていないが、有益な発言も多くあります。
「マニュエル・ガルシア・ジュニアは、歌唱に於ける科学的教師のパイオニアと言われていが、彼はー歌うことを教えた、外科的処置ではなく!」「わたしは、1858年に彼の生徒となり、生涯の友となった。私たちが交わした全ての会話の中で、声を出すときに使われる喉頭や咽頭や声門、その他の器官等の語について、一度たりとも聞いたことがない…  彼は知っていた ― 歌唱の技巧についての知識を身につける際にそれが優れた目的に奉仕するはずがないということを。」