軟口蓋が挙上して咽頭鼻部と口部が遮断される場合、軟口蓋が接触するあたりの咽頭後壁が収縮で盛り上がって、横に走る隆起を作る。 これをパッサヴァントの隆起という。