[Lilli Lehmann, HOW TO SING 1902/1993 Dover edition]

The Sensation of the Palate
口蓋の感覚

口蓋の感覚は、鼻の後ろの一番柔らかい部分を上げることによって、私たちに最も分かりやすくしてくれます。この部分はかなり奥まったところに位置しています。注意深く指でそれに触れてみなさい。それは歌手にとって計り知れない重要性があります。それを上げることによって、頭腔の全体の共鳴がもたらされ、その結果として、頭声が生み出されます。それが上げられるとき、口峡柱の表面は大きさを減少します。その通常の位置では、胸声を生成するために、口峡柱を広げ、喉から頭腔を閉じさせます、つまり、口蓋共鳴び胸部共鳴の最大限に使用するための呼吸を可能にします。軟口蓋が鼻の下に降ろされる【訳注:口蓋帆ポートを開くという意味か?】とすぐに、鼻で上音が同時に響くようにすることによって、中間声域のための共鳴ポイントを作ります。

舌と口蓋は、それらによって結合したり分離したりすることができるそれぞれの共鳴に関する限り、すべての仕事を行いますが、あらゆる声のすべてのトーンで常に互いに結び付けられている密接な関係の中で一緒に働かなければなりません。

したがって、バスの最も低い胸声、ソプラノで最も高い頭声は、すべての声部の全音域を作ることができる2つの極であるこのことから、ある程度の技術と勉強への意欲があれば、あらゆる声が大きく伸ばすことができることがわかります。

 

2020/05/12 訳:山本隆則