パリのコンセルヴァトワールは、歌唱の総合的なメトードでよく知られていた。Bernardo Mengozzi (1758-1800)は、コンセルヴァトワールの発声メトードのための資料を編集したが、この計画が完成する前に死んでしまった。この仕事は、Honore Langle によって編集され1803年に出版された。
Mengpzzi は、イタリアの伝統的な教え、特に有名なカストラートAntonio Bernacchiの教えに基づいた彼のメトードは全ての時代の音楽に適応されると主張した。
1830年代に、Mengozziの本は、Alexis de Garaude (1779-1852)によって改訂、補足され、Methode complete de chant と改名された。Garaudeはパリの有名なカストラートGirolamo Crescentini の弟子で、1816年から1841年までコンセルバトワールで教えていた。彼は、Jomelli, Porporaその他によるsolfegeを加え、この方法論は主要なイタリアの中心に訪れた結果成し遂げられたと言い、彼の時代の偉大な歌手達の歌唱練習を導入した。
1822年から1842年までのパリ音楽院はLuigi Cherubiniの指導にあったとみられる。彼は、イタリア楽派の歌唱法が公式に由緒ある組織に認定された方法論であることを保証した。
Garciaは、1835年にパリ・コンセルバトワールの歌唱教授に任命されたとき、イタリア楽派の歌唱法が十分定着し、広く且つ明確に組織化された環境の一員となった。

Cherubini、Mehul、Gossec、Garat、Guingeneと傑出した歌手(Mengozzi)たちによってつくられる委員会によって、コンセルヴァトワールの最初のMethodeが編集されたのは、その世紀の始めであった。
我々は、このように作成された仕事において、Bernacchiの優れた指針を見い出す:
「歌唱の呼吸は、話すための呼吸と、若干異なる。つまり、話すために呼吸するか、あるいは、ただ肺で空気を新たにするために呼吸するとき、第一の動きは吸気である、腹部がふくらみ、その上の部分が少し上昇した後弛緩する、それが2回目の動きすなわち呼気である。体が自然の状態にあるとき、これらの2つの動きはゆっくり生じる。
これに反して、歌唱のための呼吸において、吸う時に、胸をふくらまし、上昇させるながら腹部をフラットにして、すぐにそれを戻すようにすることが必要である。
呼気では、腹部は自然の位置にきわめてゆっくり戻らなければならない、そして、胸は、出来るだけ長く肺に吸い込まれた空気を保持するために、降ろされなければならない。ただゆっくり洩らさなければならない、そして、胸にいかなる衝撃を与えることなく、いわば、流れ出るようにしなければならない。」これらの助言は我々の国で広く取り入れられた。

1855年に、腹式呼吸を擁護するMandl博士の有名な研究報告がGazette Medicaleに発表された。

[Joseph Joal, On Respiration in Singing  p. 40 訳:山本隆則]