Franklyn Kelsey によって1950年に書かれた本。120ページほどの小さい地味な本にもかかわらず、内容は非常に重要且つ刺激的。

第5章は所謂、呼吸の章に当たリますが、彼は、呼吸機能とは息の圧縮であることを明確に示すために、その章の表題をTHE WORK OF THE AIR-COMPRESSOR としています。

V. 
エアー・コンプレッサーの仕事 p.60

息の正しい管理は、歌唱技巧の土台石である。呼吸メカニズムは、各々のフレーズが歌われる間中、断続的ではなく継続的に、そして空気-圧縮器の機能を自由にできるような方法で使われない限り、全ての発声機関は完全にアンバランスになるだろう。
声の空気-圧縮(air-compression)メカニズムは、1対の密閉された空気-容器(肺)と、横隔膜とそれに関連する筋肉組織と、気管支と気管、そして圧縮室の出口を閉じるための弁の働きをする喉頭などから構成され、それらによって空気を圧縮することが可能になります。吸気中に取り入れられるすべての空気は肺に入る、そして、肺以外の場所に空気はない。(例えば、腹式呼吸の信奉者は、お腹に息を入れると思い込んでいる人もいる;山本)
歌手と教師が陥る最も一般的な間違いは、胸を空気で満たされたボックスと考えることである、しかし、実際は、2つのスポンジ状の「エアー-バルーン」を持つ空気のない空間である。横隔膜が降ろされ、肋骨が拡大されたとき、バルーンの外の空間が増やされるので、2つのバルーンは膨らむ。
今日のすべての歌唱スクールで最も広範囲にわたる2つ目の間違いは、声門唇が、自然な状態、すなわち圧縮されていない状態の空気によってエネルギーを与えることができると思い込んでいることである。
大気圧の中の空気はエネルギーをもっていない;役目を果たす前に空気は圧縮されなければならない。圧縮は、気管のてっぺん(喉頭)で弁を閉じ、その次に胸腔の大きさを徐々に減少させ、そして、腹のある程度の制御された圧搾によってもたらされる。それゆえ、横隔膜は膨らんだ肺に対して、上に押しつけられる。(1) II節 実際的な指導のための「歌手の十戒」を見よ。胸腔の大きさは、最初に、横隔膜の上への動きによって、そして次に、低い肋骨の漸進的な圧迫によって減少する。その次に、それに続いて起こることは、もし、空気圧縮の行為が歌唱中に計画的、継続的且つ意識的に管理されているならば、横隔膜を上げようとする自由を奪ばうものはなにもないだろう。
歌手が横隔膜の上昇を抑制するために、腹筋を外側に押すか、下に締めつけるときはいつでも、この基本的自由は失われる。緊張のない呼吸で使われる吸気プロセスの場合部、これらの筋肉はただ外へ、そして、下に動くだけである;それらの機能は同時に吸気中の横隔膜を下げる;それらが呼気のコントロールメカニズムと言われる方法で用いられるならば、それらは、横隔膜の上昇を単に減速するだけではなく–上昇を妨害する。  あなたの手でテーブルの縁をつかみなさい。今、あなたはテーブルを押さえつけるためにある筋肉群を、或はそれを持ち上げるために別の筋肉群を使うことが出来る。しかし、押さえつける動きを遅くするためにリフティング筋肉を使おうとするならば、あなたは自己矛盾した行為をすることになる。その結果は、両筋肉を緊張させるために筋肉がふるえ、腕の痛みを伴うことになる!あなたは、実際、自然法則に対して戦っている。それは、腹筋を外側に押すか、下方に締めつけることによって横隔膜の上昇を制御しようとするときに、あなたがまさに行っていることなのです。
声の空気-圧迫システムは、花に噴霧するために使われる単純な園芸ハンドスプレーと、緻密な機械的類似が見られる。「流体」(空気)、「プランジャー(ピストン)」(横隔膜とその関連する呼吸筋組織)と「ノズル」(喉頭)がある。腹筋は、プランジャー(ピストン)を下げるために、リラックスして腹筋を外側へ動かす、そして、それらがその位置で堅くされるならば、硬直して下にとどまるので、そのために息を圧迫することが出来なくなる;サイレント呼吸において、プランジャー(ピストン)は自動的に持ち上がる。腹筋はプランジャー(ピストン)が下がれるように外への動きで弛緩する、そして、腹筋がその位置で硬化するならば、プランジャー(ピストン)をしっかりと下の方に保つので、圧縮することができない;静かな呼吸において、プランジャー(ピストン)は自動的に上がる。
圧迫は、緊張して引っ込められた腹筋に対する胸の下への圧搾によってもたらされる;その一方で「ノズル」は円筒部の上部を閉め、流体をプランジャーで圧縮することができる。
明らかに、プランジャーの上昇を妨げることによって円筒部で流体を節約しようとするならば、確かに成功するだろう、しかし、あなたはノズルから十分なジェットを生み出すことが出来ないだろう;、そして、目的がバラにスプレーすることであるならば、それではとても遠くまで飛ばすことは出来ないだろう!
さらに、使っているノズルの大きさが小さいほど、あなたは、外への噴出を保つために、より激しく流体を圧縮しなければならない。
人間の「プランジャー」はサイレント呼吸において多かれ少なかれ自動的であることを、私は示してきた;、しかし、それがいつも使っているエネルギー量より多くのものを使われなければならないとき、それが自動的でないことを思い出すのは重要である。
そのような場合、非常に高い音程で活動しなければならない所では、それは横隔膜自体より、どこかほかで意識的な活動をする事が常に必要である。横隔膜は、実際、どこか他で出される命令に反応する。あなたが、鼻の通りをすっきりさせるために、激しく鼻をすするとき、或いは、力強く口から空気を吹き飛ばすとき、それは、素早く降下させることによって鼻を通して空気を吸い込む、或は同じように急激に強引な上昇によって口から押し出すのは横隔膜である;しかし、各々の事例では、その動きは、鼻をならすときの鼻で、あるいは、吹くときの口で作られる意識的になされた行為への反応となる。
同様に、横隔膜が肺の中の空気を圧縮するあなたの意志に答えてほしいのなら、それより上の喉頭で、意図的に圧縮をしなければならない、なぜならば、それは圧縮をコントロールするこの器官と関連する筋肉であるからだ。絶え間なく適用された胸の圧力は、下に横隔膜の表面の方へ、横隔膜が閉ざされた声門に対して肺の土台に対して、そして、このように圧搾に同等の安定で上へ空気を押す原因になる。絶え間なく加えられた胸の圧力(横隔膜の表面を下の方に)は、横隔膜が肺の底に同等の堅実さで上へ押させる、そして、このように閉ざされた声門に空気を圧迫する。
声の圧力の強さに於ける最もわずかな変化は横隔膜からの瞬間的な反応を引き起こすだろう、そのため、あなたが均一な強さの完全に安定した音質を生み出したいならば、喉頭の下への圧力は絶え間なく続く安定性で加えられなければならない。
呼吸管理の理論的な側面はそれだけにして、今、理論から実践まで更に進もう。
歌手の呼吸は、Sims Reevesが「full chest」と呼んだ種類のものでなければならない。
息をする際に、胸は持ち上げられなければならない、肩はよく外へ向きを変えられ、背骨は、一直線。ある昔の教師は、弟子に胸骨から下の中間点あたりの想像上の穴から息を吸い込むように命じた、そして、Santleyの、息を「チョッキの後ろと側面に」呼吸すると言うアドバイスも同じように有益である。
息がこのように取り入れられるとき、歌手は喉に対して全く無意識のままである。吸気が更に進むにつれ、腹はわずかに中に引かれなければならない、そして、筋肉は緊張し、それによって、胸を引き上げ、高くしたポジションでそれを維持する。息が「チョッキの後ろと側面」にとられて、低い肋骨は拡大しているのが感じられるだろう。そして、それらの拡大が完全なものとなったときに肺は満たされる。
決して、弟子は肺の一番上の限界まで満たそうとしてはいけない;もしそのようにするならば、低い肋骨は必然的に崩れ、全部の呼吸器系はバランスを崩されるだろう。
息の消費は、見てきたように、横隔膜が反応する力を制御する、喉頭の下への圧力量によってコントロールされる。圧力量は背中と腹の筋肉によってコントロールされる。そして、それが横隔膜の上への押しを遅くするために使われる。高い音を歌う際に、弟子は上手に背中の筋肉に向かって体を折り曲げることを教えられなければならない、横隔膜の上への推進力を減速するために、そして、より軽い圧力で音を生み出しなさい。さらにまた学生は、喉頭の圧縮活動によって腹部(上部と底部の両方で)が引き入れられることを確実にするために、常にテストされなければならない。腹筋で外への方向にしっかりとつかむことによってそれを節約しようとするために、息が費やされている感覚はよくある反応である;そして、この自然の衝動が強いと、それをチェックして、修正するために最大限の警戒が教師の側に求められる。この癖を解決しないーあるいはやめない弟子は、決して安定した響く音質を歌えるようにならないし、しっかりと準備された声を訓練することが全くできないだろう。息がこのように継続的に管理されるとき、すべての音は気管の最上位でその起点を持つようである。
「ハーフ・ブレス」または「素早い-ブレス」は基本的に鎖骨(呼吸)である-少量の息(ただ進行するフレーズを保つのに十分な)が肺の最上部に素早くとられる。息をすばやくとるとき、決して、深く呼吸をしようとしてはならない; 横隔膜の ― 下へグイと動かすような― 突然の降下は全発声機械のバランスを崩すだろう。同様に、決して息のたくわえのまさしくその限度まで声を出そうとしてはならない。世間にあなたの財布の底を決して見せてはならない。常に、予備にいくらかを残しておきなさい。
歌手の技巧は瞬間的に全く気付かれないでいっぱいの息をとることにあるとしばしば思われる。
そんな事ができるはずがない。それは、身体的に不可能である。
すばやくとられて(必然的に)鎖骨ハーフ・ブレスである;使用可能であるように、フル息は常にゆっくり、滑らかに、そして、静かにとられなければならない。
以上のように、ハーフ・ブレスの時間にフル・ブレスをする試みは、喉頭を間違った位置に投じる横隔膜の突然の下への動作を引き起こす;さらに、喉は、声門唇を荒れさせて、気管にあるかもしれないあらゆる粘液を乱して、常にうるさい。フル・ブレスの急激な吸気は、ただ声がしゃがれることを生み出すだけでなく、声の能力欠如への最も近道でもある。訓練の初期の段階では、弟子によって取られるすべての息は、遅いテンポの3拍を超えるぐらい遅くしなければならない。ただ遅い息が徹底的にマスターされたときにのみ、ハーフ・ブレスが可能となる。
最終的に、歌唱時に、腹筋の内側への緊張を維持することの途方もなく大きな重要性は何度繰り返しても無駄ではない。弟子は、目的は息を保持することではなく、使うことであると理解しなければならない。自然な本能が彼にするように促すことと正に正反対のことを常にしていることを感じなければならない:肺の底で息を保持する代わりに、肺から息をゆっくりとしぼり出すように、喉頭を下に、腹を内側に押しつけて、それを圧縮し続けなければならない。このコントロールされてたくみに管理された「圧搾」(CarusoとBonciがそう呼んだ)、が発声行為である。もし腹筋を外側に押すことによってそれを妨げるならば、声はすばやく停止するだろう、何故なら肺の中の空気を消耗したためではなく、その圧力を大気のレベルに下げたためである。
大気圧の中の空気はエネルギーを持っていない。

Appendixに、まとめのような形で、歌手の十戒が記されている。

歌手の十戒  p. 113

I.背部と下部の肋骨に呼吸しなさい
肺はそれらの最後尾および最も低い部分でそれらの最大の容量に達する、そして、それらは全く胸骨の最前に至るまで拡張しない。それらが完全に膨らむとき、ただ空気-増加の3分の1だけが横隔膜の降下による;残りの3分の2は下部の肋骨の拡大による。塵肺委員会の医者によって行われたX線テストは、腹式呼吸によって横隔膜を少しでもより深く下降させることが不可能であることを示した。決して必要以上にきつく、肺を膨らませてはいけない、そして、決して胸骨の下を大きくふくらまそうとしてはいけない;あなたがそうするならば、腹筋の正しい活動を致命的に危うくする。

II. 低く胸圧力を保ちなさい

これは、2つの異なる方法で行うことができる:(a), 声帯を開けて、息の自由な流れを音声と混ぜ合わせることによって、そして (b)、声帯の堅い接近を保ちながら、横隔膜の上昇を減速することによって。
明らかに、最初のは間違っている、そして、第2のが正しい。
呼吸筋の正しい活動を理解するために、横隔膜は、その上の空気の消耗によって引き上げられるのではなく、いわば、ゆっくり上方向へしぼられる、学生は、息を閉ざされた唇の小さい開口に強制的に通過させることによって、または、力強く鼻をかむことによって、管楽器奏者の動きをシミュレートするだけで良い。(鼻をかむときはいつでも、我々は正確に管楽器奏者が彼の「唇」で行うものを、接近された鼻孔でする、そして、歌手が閉ざされた気管の最上位でする(ずっと非常な繊細さで)ことを学ばなければならないのはまさにこれである。)動きが腹筋上部のきわめて力強い内側への収縮を伴うことはすぐに気が付く、そして、この種の筋肉の活動が上行する横隔膜に対する一種の歯止めの働きをするように、慎重に加えられるという考えを理解するのはたやすい。横隔膜はそれから呼吸筋のコントロールされた圧搾によって上に向かって押される。喉頭での空気-圧力の量は、筋肉の圧搾が加えられるかたさによって定められる。圧搾がより堅いほど、圧力はより低く、そして、喉頭での自由の感覚はより大きくなる。
空気-圧力は腹筋の圧搾によって定められる、:空気-支出は、喉頭で使われるかたさによって定められる。

III. 歌手にとって、音声を支える筋肉の圧力は、常に音声自体より大きい
これは特に声の最上音のケースである、そこでは歌手にとって音声はきわめて小さいと感じる。
アタックに於いて、高音は常に腹圧に頼り、そして、音声はそれ自体に任せなさい。
オーボエまたは管楽器を演奏する際に行うように、呼吸筋の「ブレーキをかける」動作が息を吐く普通の過程の完全な抑制となると理解するのは重要である。しかし、平均的なスピーチ・プロセスが息を吐くプロセスを用いてなし遂げられるので、呼気のプロセスを維持したいという強い衝動が常にある、特に、言葉がより自由な息-流れなしで形をなすことがことができないことを学生に納得させるには、息-流れが非常に小さい声の最上端では。これは幻想である、そして、息を吐くプロセスを再開したいという誘惑は厳しく阻止されなければならない。決して、決して、決して腹筋であなたの握りをやめてはならない;もしやめれば、歌うことの代わりに叫ぶことに、そして、音声だけではなく、喉頭を大きく損なうことになるだろう。

IV. 喉頭で音を打ちなさい
喉頭が各々の音を打つために完全に自由であるという感覚を生じるのに必要なだけ、胸の圧力は常に低くなければならない。喉でも息でもなく、常に喉頭自身で打ちなさい。それでもやはり、あなたの「打つ、striking」動作(私はそのためのより良い名前を見つけることができない)は、常になでるようでなければならない:堅く、そして、確信的に、依然としてなぜるにもかかわらず。また、あなたの「打つ」ことがピアノ・ハンマーのそれではなく、まさに弦の上の弓の「アタック」のようなのを忘れないでください;それが始まるときのように、音やフレーズによって正しく続かなければならない。

V. 全体として声を認識せよ
決して共鳴器の1つの部分に声を閉じ込めようとしてはいけない。胸の頂上から頭の頂部(その底部は、音程が上がるに従って低くなる)に及ぶ何かとして、それを想像しなさい。音(tone)の最も大きい集中は常にアタックの場所と最も近く感じられる;もしバイオリン-ボディが繊細で、弦の振動を感じることができるならば、その最も大きい振動感覚は橋の下ですぐさま感じられるだろう;それにも関わらず、サウンドの感覚は肉体の全部の表面に拡張するだろう。同様に、歌手は喉の底でサウンドの最も強い感覚を感じる、しかし、それをそこで閉じ込めようとしてはいけない;それが頭の頂上まで正しく伸展しているのを感じなければならない。

VI. 口よりもむしろ喉を開けなさい
声帯のすべての振動は、圧縮空気の小さい破裂を起こす。喉が十分に開けられるならば、その効果はモーターの排気管から消音器を移転することによって得られるものと同じだ;喉を開け損ねることは消音器を元の所に置くことに等しい。瞬間的で自由な拡大のための現れる気体に十分な部屋を与えないことによって、サイレンサーは作用する。
あごを落とすことによって口を開ける活動 ―例えば、 口に食物を捕らえることの場合のように ― は、それが咀嚼される前に食物が食道にすべり込むことができないように、自動的に喉への入り口を閉じる。喉は下顎の後ろへの動きによって開けられる。そして、わずかに笑いの表現を生み出すが、頬筋のリフトによって広く開けられた口にはならない。この種の開け方は、口が後ろへまっすぐ喉に動く感覚を生じる。歌手はその時、喉頭 ― 頂上の大気にさらされた口 ― のすぐ後と上に口があるので、本当の口が消えたように感じる、そして、喉頭と「口」咽頭の間に通路がない。これは、昔のイタリアの金言:「”L’Italiano non ha gola」 ― (「イタリア人(歌手)は、喉を持っていない」) ― ;また、Garcias格言「歌手の本当の口は、咽頭と考えるべきである」の本当の意味である。

VII. 声を静止させなさい
それなりに感じることができる唯一の「流れ」は息の流れである点は、以前に言った。正しい歌唱において、声は流れ(すなわち、口からの流れに)とは見なされない;それは、常に共鳴器のある部分で停止するかのように感じる。歌手は、それは外へ放射しているが、この放射を「流れ」として感じないことに、常に気づいている。(その要点は微妙である、しかし、それは、強調しなければならないくらい非常に重要である。)その時、常に中心ラインの上で作用するように、声を静止させようと励みなさい。我々は声の放出について話す、しかし、歌手の感覚を最大限正確に言葉にすると「注入」であるだろう。

VIII. 1つの連続する全体として音を結びつけなさい
「Chi non lega, non canta」;「結合しない者は、歌えない。」そして、それが「結合する」呼吸筋の休むことのない連続する圧搾であるので、この必要不可欠な行為が完全に継続的でなければならないと言うことと同じである。即ち、決して8つの音のパッセージを8つの異なる音と考えてはいけない;それの上に8つの異なるピッチが刺繍された1つの単音としてそれを考えなさい。したがって、呼吸圧搾は単一の連続する全体を処理する、一方で、喉頭は結合するものを緩めることなく音程を「作る」。

IX. 質と量のための仕事は、それとともに来る
そして、最も高音質で、完璧な聞こえ度によって特徴付けられた小さな音声を制御することができる者は、楽器が出せる最も十分な音声を容易に制御することができる。けれども、小さな音声は声帯を開けて、より多くの息を通すことによって生み出されるのではないことを思い出しなさい。それは、横隔膜の上昇の緊急の減速と、呼気プロセスのより断固たる抑制によって行われる。
弱い歌唱は、すべての中で最も難しい仕事である。

X. 聴衆をあなたのところへ来させなさい:決して聴衆の方に出かけてはならない
あなたは、磁石である:聴衆は、磁石に引き寄せられるものある。あなたの正しい役割を決して逆転させてはいけない。これはすべての偉大なパフォーマンスの奥義である、そして、この十戒の第7の戒律はそれに多大な関係を持っている。声をより静止して保つことができるほど、あなたはより速く、この全ての中で最後の、もっとも偉大な本当の、言葉に言い尽くせない意味を理解するだろう。
あなたはそのとき、必要とされる身体的なエネルギーの支出がどんなに大きくても、不必要な身体的な緊張によってあなたを粉砕するよう促す者は何もなく、大きい静止の中心でいつも歌っているようであると理解し始めるだろう。あなたの歌は、その時枝を広げたオークと同じくらい大きく見える:技術的なプロセスは、大きい木から飛び出す小さいドングリと同じくらい小さな(重要であるけれども)ものである。