Witherspoon, Mephistpheles at Met from 1908 to 1916

Mephistpheles at the Met from 1908 to 1916

ニューヨーク出身のバス歌手
ニューヨークで、Walter Henry Hall と Max Treumann に、パリで Jean-Baptiste Faure と Jacques Bouhy に、ミラノで Francesco Lamperti に、又ロンドンとベルリンでも学んだ。

1925年にシカゴ・ミュージック・カレッジの校長に、1930年にはシカゴ市民オペラの芸術監督に、1931年にシンシナティー音楽院の校長に就任、これらの実績により、メトロポリタンの Giulio Gatti-Casazza の後任として、メトロポリタンのジェネラル・マネージャーとなる。
しかし、就任6ヶ月後、心臓発作のためミーティング中に自分のデスクでなくなった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Herbert_Witherspoon]

【著書】Witherspoon as Landgrave Hermann in Wagner's Tannhauser
SINGING  1925 by G. Shairmer, Ine
Demonstration of Visual Method of Voice Instruction.  Music Supervisors National Conference Proceedings, Ithaca, New York, 1929, Vol. 22, p.336. (典型的な教育問題の簡略な面白い考察。)
Style in Singing.
Etude,
Philadelphia, 1928, Vol.46, p. 918
(表情と技術は、一致協力するようにならなければならない。エクササイズでさえ、いくらかのはっきりした気分値で歌わなければならない。スタイルの基本が明確にされる。)
Thirty-six Lesson in Singing for Teachers and Students.
Miessner Institute of Music, Chicago, 1930.
(指導の実際的なシステムで具体化された古今のメソッドの優れたダイジェスト。著者は、伝聞でも思いつきでもない25年の経験から論じている。知的で情報量が多い。)