Lift of the Breath 呼吸リフト [Witherspoon, Singing. 1925  p.90]
我々の最後の現象は、より適切な用語がないのでそのように呼ぶ、「呼吸リフト」”lift of the breath”である。
例えば音階の上方向への歌唱のように、ピッチが上がるにつれて、呼吸器官は話し声の音域より高い最初の音でエネルギーの特別な「リフト」または増加を与えるようである、私の知る限りでは、より高いピッチ(人間の声の「並外れた」或は驚異的な音声)での発声器官の協働作用の維持のために必要とされる、発声位置の非常に多くの呼吸エネルギーと誇張した位置を保証するためである。
この活動は、ピッチ、音質、母音と共鳴に関係する。つまり、それは発声器官の活動の進行を前方、上方向へ保証するので、ピッチは完全にされ、倍音は協和的な割合を維持し、頭部共鳴は十分に増加し、音質は損なわれず、その結果、母音は正しく変更される。これは、通常の発声慣用句で、「頭声」の真の始まりで、頭共鳴の実質的な増加を示す。それはその音域に相応した音階の場所のいずれの声でも観測できて、おそらく2つの声区理論を引き起こした。私はそれがはっきりした法則に従い、個人によってわずかに異なることを見いだした。この「リフト」は頭共鳴を保証して、いわゆる「カヴァリング」を無用なものにする。
リリックまたはコロラトゥーラ・ソプラノにおいて、それはCシャープまたはDで生じる。
ドラマティックなソプラノは、BまたはCで。
メッツォ・ソプラノは、AまたはBフラットで。
コントラルトは、Gで。
リリック・テノールは、CシャープまたはDで。
ドラマティックなテノールは、Cで。
バリトンは、Bで。
バッソ・カンタンテは、Aで。
バス・プロフンドは、Gで。
それぞれ個人の声により、それは音階のこれらのポイントで頭部の音質の極めて明白な増加を示す、けれども「声区」のような何かでない。
もちろん、声がその使用と共鳴によって熟達されるにつれて、この「リフト」は徐々に少なくなり知覚できないほどになるが、完全に消えてしまうことは滅多にない。それは特別の注目に値する、さらにまた昔の楽派の理論の1つの証明でもある。それは主に呼吸活動を修正することによって成されるもので、誤った呼吸を使う歌手には見られない。その習慣は、声の分類作業(教師が対処しなければならない難しい問題の1つ)に、大いに役立つだろう。